on-the-time.jp

2010年04月21日

太陽観測宇宙船「SDO」の最初の凄い画像を公開。

NASAは、NASAが最近打ち上げた太陽観測宇宙船「SDO(Solar Dynamics Observatory/太陽力学天文台)」の太陽動力学過程をより理解する空前の新しい能力を確認できる最初のもの凄い画像を送ってきたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

これらの太陽活動はすべてに影響している。

太陽観測宇宙船「SDO」からの画像のいくつかは外側をストリーミングし、そして、太陽黒点から離れている先例のないマテリアルの細部を示していた。
他のものは太陽の表面における活動の極端なクローズアップを示していた。
宇宙船も最初の高解像度を広範囲な極端紫外域における太陽爆発の測定値にした。

ワシントンのNASA本部のHeliophysics事業部の指導官リチャード・フィッシャー(Richard Fisher)は、
「これらの初期の画像は、私が40年間以上の太陽の研究で一度も見たことがなかったダイナミックな太陽に示しています。」
「SDOは私たちの太陽の理解とその過程を変えるでしょう。」
「その過程は私たちの生活と社会に影響します。」
「この任務は現代の天体物理学でハッブル宇宙望遠鏡の衝撃と同様に、科学に非常に大きな衝撃を持つでしょう。」と言った。

SDOは2010年2月11日に打ち上げられ、今まで太陽を研究するように設計された中で最高度な宇宙船である。
5年の任務の間に、太陽の磁場を調べて、地球の大気化学と気候で役割のより良い理解に太陽劇を提供する時対されている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。