on-the-time.jp

2010年04月21日

EU、国際反偽物プラン「3ストライク」を発行した。

Google NewsはAFPからの情報として、EUがオンライン著作権保護で議論を呼んで議題となる禁止令のサインなしで反偽物取引として禁止した草稿「3ストライク(three-strike)」を発行したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ACTA(Anti-Counterfeiting Trade Agreement/模倣品・海賊版拡散防止条約)における会談はヨーロッパ、米国、日本、カナダ、ニュージーランドなどが参加して2年間進行中である。

目的は、インターネット詐欺の一環として、「より効果的に偽物と著作権侵害の増殖と戦う」ための国家的努力のために国際的な枠組みを確立することになっている。

まだしなければならない多くが残ったままの草稿は、油断できない収支裁決を実行しなければならない。

協定には、著作権侵害に対して国際協力を増加させることを目指し、法執行当局の間の情報の共有と協力を含んでいる。
それはまた、警官隊の中で専門化している知的財産専門的技術を拡大して、「実施練習」を設立して、IPR保護の重要性と侵害の「有害な影響」に関する消費者意識を提起することを目指している。

国産と消費を除いて、国際的に取り引きされたという知的財産侵害はOECD見積りで1年あたり1500億ユーロ以上になっていると説明している。

ただし、3回目だから!と言った数学的判断でいいのかどうか?
警察や政府はそれを科学的というが、だったらまず、政府関係者、政治家にさらに厳しい規則が必要だろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告