gaYa広告

2010年04月21日

EU、国際反偽物プラン「3ストライク」を発行した。

Google NewsはAFPからの情報として、EUがオンライン著作権保護で議論を呼んで議題となる禁止令のサインなしで反偽物取引として禁止した草稿「3ストライク(three-strike)」を発行したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ACTA(Anti-Counterfeiting Trade Agreement/模倣品・海賊版拡散防止条約)における会談はヨーロッパ、米国、日本、カナダ、ニュージーランドなどが参加して2年間進行中である。

目的は、インターネット詐欺の一環として、「より効果的に偽物と著作権侵害の増殖と戦う」ための国家的努力のために国際的な枠組みを確立することになっている。

まだしなければならない多くが残ったままの草稿は、油断できない収支裁決を実行しなければならない。

協定には、著作権侵害に対して国際協力を増加させることを目指し、法執行当局の間の情報の共有と協力を含んでいる。
それはまた、警官隊の中で専門化している知的財産専門的技術を拡大して、「実施練習」を設立して、IPR保護の重要性と侵害の「有害な影響」に関する消費者意識を提起することを目指している。

国産と消費を除いて、国際的に取り引きされたという知的財産侵害はOECD見積りで1年あたり1500億ユーロ以上になっていると説明している。

ただし、3回目だから!と言った数学的判断でいいのかどうか?
警察や政府はそれを科学的というが、だったらまず、政府関係者、政治家にさらに厳しい規則が必要だろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。