gaYa広告

2010年04月21日

別世界(Another World)

美容と医学の科学

NASAは、「別世界(Another World)」という画像を公開した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

このこの世のものではないようなこの風景は、チベットの内陸湖「Dagze Co(Dagze Lake, 尼瑪県, ナクチュ県, 中華人民共和国)」の衛星画像であると紹介している。

氷河の時代、湖を旋回して、以前に、より大きくて、より深い湖の存在を証明する多数の化石海岸線によって証明されるように、このの領域はかなり湿っていて湖ははるかに大きかった。

1000年以上の間、気候における変化はチベットのPlateauで、よりすばらしい乾燥をもたらした。

このような場所に、桃源郷があるのかもしれない。
しかし、またもの凄き厳しい環境かもしれない。

「香格里拉(シャングリラ)」を2009年09月18日に紹介したが、無垢な雪山、澄み切った河水、珍しい野花、地平線まで延びる湿原、極彩色に輝く寺、歴史悠久の宗教文化、多彩な風俗があり、天然の観光資源に恵まれ、文化・宝蔵が極めて豊富で、国内外の観光客にとって心の中の「桃源郷」だ。

「シャングリラ(Shangri-La/香格里拉)」は西蔵語で「心のなかの日と月」という意味で、仏教伝説における浄土であり、理想郷ということになる。

Image Credit: NASA/GSFC/METI/ERSDAC/JAROS, and U.S./Japan ASTER Science Team

チベットの内陸湖「Dagze Co(Dagze Lake, 尼瑪県, ナクチュ県, 中華人民共和国)」のGoogle Earthポインター情報
31°53'52.08"N,87°31'48.81"E
または、
31.897800, 87.530225

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト