gaYa広告

2010年04月21日

Gizmodoの「次世代iPhone(アイフォーン)」試作品は、本物だった!

AFPは、アップル(Apple)が2010年04月20日に、「次世代iPhone(アイフォーン)」の試作品を入手し情報をウェブサイトで公開したギズモード(Gizmodo)に対し、試作品の返却を要請したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この端末を紛失したのはソフトウェア開発技術者グレイ・パウエル(Gray Powell)(27)で、2010年04月18日に、自身の誕生日でカリフォルニア(California)州クパティーノ(Cupertino)に近いレッドウッド・シティ(Redwood City)のバーを訪れた際に「iPhone 3GS」に似せた試作品を持参したが、そのまま椅子に置き忘れて帰ってしまった。

グレイ・パウエルは試作品を引き取りに来ず、グレイ・パウエルの隣で飲んでいたという人物から、試作品を買わないかとの電話を受けたとGizmodoは言っている。

ギズモードのブライアン・ラム(Brian Lam)編集長によると、Wewbサイトで「次世代 iPhone」の詳細を公開した日に、Appleの法務部から試作品の返却を求める書簡が届いた。

ブライアン・ラムは、「一刻も早く次世代 iPhoneを使ってみたいので、試作品は喜んでお返しする」と返答したと報告している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。