on-the-time.jp

2010年04月21日

モバイルペンイメント利用者は、2014年に携帯電話ユーザーの約半分。

未来モバイル・マネー

Cellular-Newsが、Juniper Researchによる新しい調査研究を紹介し、世界中のすべての携帯電話ユーザーの約半分が2014年までにモバイルで物理的な商品の代金をデジタルで支払うと予測し、およそ10億人のユーザー成長すると言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

レポートによって、物理的な商品のためのチケット発行や支払いなどのセグメントがeBayなどのプラットホームの多言語バージョンの有用性に結びつけられたアプリケーションの驚異的な集客によって拍車をかけられているのが判った。

モバイル支払いは、現在ブラウズするのを含んで、より広いモバイルWeb買い物と統合されるようになるのと、クーポンと広告で成立する。

レポート作者ハワード・ウィルコックス(Howard Wilcox)は、
「私たちの最後のレポート以来、私たちが見えている会社から最近の傾向が、eBay、アマゾンやディグビー(Digby)などのモバイル店先とショッピングセンターの着手、新しいスマートフォン・アプリケーションとモバイル支払いサービスです。」
「私たちが参照した集客装置図に基づいて、ユーザーは便利さに感謝します。」と言っている。

しかし、また、Juniperレポートは、ユーザー・エクスペリエンスが、楽しく、簡単で一貫していることが必要で、ユーザー・サポートとヘルプの不足はモバイル支払いの普及を脅かすかもしれないと警告した。

また、レポートは、成長が先進地域に制限されないことに注意しました。
例えば、インド、サブ・ヨーロッパ大陸の5億人以上のユーザーが、2014年にモバイル支払いを済ませると予測している。

これで面白いのは、多くのレポートが予測していた数字が、毎回新しくなるたびに予測される数字も拡大していることである。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト