on-the-time.jp

2010年04月21日

モバイルペンイメント利用者は、2014年に携帯電話ユーザーの約半分。

未来モバイル・マネー

Cellular-Newsが、Juniper Researchによる新しい調査研究を紹介し、世界中のすべての携帯電話ユーザーの約半分が2014年までにモバイルで物理的な商品の代金をデジタルで支払うと予測し、およそ10億人のユーザー成長すると言った。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

レポートによって、物理的な商品のためのチケット発行や支払いなどのセグメントがeBayなどのプラットホームの多言語バージョンの有用性に結びつけられたアプリケーションの驚異的な集客によって拍車をかけられているのが判った。

モバイル支払いは、現在ブラウズするのを含んで、より広いモバイルWeb買い物と統合されるようになるのと、クーポンと広告で成立する。

レポート作者ハワード・ウィルコックス(Howard Wilcox)は、
「私たちの最後のレポート以来、私たちが見えている会社から最近の傾向が、eBay、アマゾンやディグビー(Digby)などのモバイル店先とショッピングセンターの着手、新しいスマートフォン・アプリケーションとモバイル支払いサービスです。」
「私たちが参照した集客装置図に基づいて、ユーザーは便利さに感謝します。」と言っている。

しかし、また、Juniperレポートは、ユーザー・エクスペリエンスが、楽しく、簡単で一貫していることが必要で、ユーザー・サポートとヘルプの不足はモバイル支払いの普及を脅かすかもしれないと警告した。

また、レポートは、成長が先進地域に制限されないことに注意しました。
例えば、インド、サブ・ヨーロッパ大陸の5億人以上のユーザーが、2014年にモバイル支払いを済ませると予測している。

これで面白いのは、多くのレポートが予測していた数字が、毎回新しくなるたびに予測される数字も拡大していることである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト