on-the-time.jp

2010年04月21日

3G携帯電話は2010年に世界で40%の上昇と予測。

Cellular-Newsは、Strategy Analyticsからの最新の研究調査によると、グローバルな3G WCDMA受話器出荷は2010年の間に、40%成長すると予測したことを報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

成長は成熟地域での高度なスマートフォンの根強い需要と新興成長市場での入門機の出荷であおられる。
米国は2010年に、世界で最大の3G国になると言っている。

つまり、米国はパソコン立国から携帯電話立国に移行する。

Strategy Analyticsのアナリストであるアレックス・スペクター(Alex Spektor)は、
「私たちは、2010年の間に、40%成長して、グローバルな3G WCDMA受話器出荷を3億5800万ユニットになるように予測しました。」
「成長は合衆国などの成熟地域の高度スマートフォンと特徴電話の根強い需要、および中国とインドのような新興成長市場のプリペイド・ユーザーのための低価格入門機の出荷であおられるでしょう。」と言った。

Strategy Analyticsのディレクターであるニール・モーストン(Neil Mawston)は、
「合衆国は2010年に世界の最も大きい3G国になるでしょう。」と言い足した。

米国での出荷は、日本、イタリアやイギリスなどの他の3G市場を超えるでしょう。

「サムソンやアップルなどの合衆国にある業者は強いオペレータの存在で、3G受話器で高騰する収入から今年は利益を得る良い立場で、データサービスが行われる。」と言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告