gaYa広告

2010年04月21日

早産の赤ちゃんの生存率と障害率。人は妊娠してから、いつ人格を持つか?

BBC Newsは、長い期間の統計によると、24週間以下の妊娠で生まれた赤ちゃん(Premature babies)が集中治療で治療されたとしても全生存率は向上していなかったと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ニューカースル(Newcastle)の医師達は、24週間以上の妊娠で生まれた赤ちゃんはより多く生きているが、1週間若いだけで、生存率の向上は見られなかったと言った。

しかし、赤ちゃんがそれを乗り切ったとしても約20%は障害を持っていたと報告している。

Archives of Disease in Childhoodで発表された研究調査は22〜23週間の妊娠期間で生まれた230人の赤ちゃんを調査し、統計した。
この調査は15年間に渡って実施され、結果として死亡した赤ちゃんの寿命は1993年から2007年に、11時間からおよそ4日間に上昇した。

しかし、生まれた赤ちゃんの60%は活発に蘇生させられたが、研究の最後の5年間で記録されたより活発な介入にもかかわらず、より長い期間生存率は増加するように見えなかった。

調査結果は、彼らの器官が絶対に十分開発されないときに、主要なEpicure研究のものを踏まえた。

25週間以上の妊娠期間で生まれた赤ちゃんの生存率は、ここ10年で向上しているが、それより若い幼児ではそれをしめさなかった。

起こりうる結果の十分な議論に続いて、蘇生が妊娠期間22週間と、23週間では両親の要求によって行われないことを勧めるガイドラインが作成された。

この研究調査を指導したニューカースルのロイヤル・ヴィクトリア・インフィルマリー(Royal Victoria Infirmary)の新生児学者ニコラス・エンブルトン博士(Dr Nicholas Embleton)は、
「私たちは、より多くの両親が蘇生を求めているのを逸話に知っています、そして、より多くの医師がそれを申し出ています。」
「私たちはこれに関して値の判断をしていません。そして、人生の余分な3日間しか持って来なくても、これは多くのための、する正しいことであるかもしれません。」
「これらの決定をするとき、費用は問題であるべきではありませんが、増加する介入、生き残るかもしれないという望みで、私たちは、これらの赤ん坊が直面するかもしれないことについて考える必要があります。」と言っている。

至福チーフ幹部のアンディ・コール(Andy Cole)は、
「この研究結果は、国家のEpicure研究に大きく関係し、非常に興味深い。」
「22週間か23週間の妊娠で生まれる赤ん坊の数はすべての出生で非常にわずかな割合を占めます。」
「しかし、これらの赤ちゃんの処理と注意オプションが個別的に考えられていることは、いつも重要です。」と言っている。

また、最も多くの未熟児の生存率についての議論は、妊娠中絶の討論の背景に対して行われている。
生存力の理由で、中絶の終了を現在の24週間の現在の限界を22週間まで抑える試みがあった。

ユニバーシティ・カレッジロンドン(University College London)のEthics&Perinatology教授ジョン・ワイアット(John Wyatt)は、「本当に妊娠中絶を巡る論争のため、私たちはそのように未熟児の限界を何週間も固定され、そして、この研究に関して、それを超えて動かなかったということです。」
「見始めるために本当に必要なものは重さです。セックス、それが単独個体妊娠であり、ステロイドを与えたか否かに関係なく。 少女がはるかに生き残りそうであって、より良いのは例えば、少年より重いです。」

「個性化された生存の可能性を両親に与えることができるなら、私たちは本当に成功しているでしょう。」と言っている。

人は妊娠してから、いつ人格を持つか?
という哲学にも匹敵することで、早期出産の生存率と蘇生率は、ある種で統計的に証明されたのかもしてない。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。