2010年04月21日

無線プロバイダが作ったファン・ページは着実に成長。

MarketingChartsは、Competeが2010年04月19日に公開したSarah Kalauskasによる「Are Facebook Fan Pages Working for Wireless Carriers?」を紹介し、米国の4大無線プロバイダのFacebookファンが作ったページで消費者数が増加していると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。


2009年に、米国の主要な無線サービス・プロバイダであるAT&T、スプリント(Sprint)、Tモバイル(T-Mobile)とベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)のすべてが、オンライン・ソーシャルネットワークFacebookのファンが作ったページを開始している。

これらのページは、ユーザーを許容して、概要ページとして機能し、写真、イベント、および特別な申し出を含むページで異なったコンテンツを探っている。

すべての4つの会社のページへの消費者トラフィックは成長し、セッション単位で費やされた時間が成長した。

ファンが作ったページには、ほとんどの事業者で上昇傾向が見られ、スプリントが2010年2月に平均95秒のセッションで導いている。

スプリントとベライゾンは、2010年2月にスパイクした。
そして、ベライゾンはSkypeがスマートフォン上で2010年3月から利用可能であると発表した。
スプリントは、2010年夏に始動する4G電話を販売すると発表した。

ユーザーは、ファンが作ったページがこれらの発表に関する情報に答え、質問を提供するのを当てにしたかもしれないと報告している。

Competeの統計では、
2009年12月から2010年2月までの無線プロバイダ事業者におけるファンが作ったページのための訪問者は、平均時間36秒であった。
しかし、スプリントとベライゾンの両方が、2010年2月に訪問あたりの時間を1分以上に上げることができた。
2009年12月から2010年2月までで、セッション単位の時間で、減少を経験したのはTモバイルだけであった。

これから言っても、Tモバイルは米国市場から撤退し、中南米やアフリカ市場に方向転換すべき時期に来ていることが明らかになっている。

すでにNokiaをはじめ、多くのヨーロッパ企業は米国市場を切り捨て始めている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告