2010年04月21日

無線プロバイダが作ったファン・ページは着実に成長。

MarketingChartsは、Competeが2010年04月19日に公開したSarah Kalauskasによる「Are Facebook Fan Pages Working for Wireless Carriers?」を紹介し、米国の4大無線プロバイダのFacebookファンが作ったページで消費者数が増加していると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。


2009年に、米国の主要な無線サービス・プロバイダであるAT&T、スプリント(Sprint)、Tモバイル(T-Mobile)とベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)のすべてが、オンライン・ソーシャルネットワークFacebookのファンが作ったページを開始している。

これらのページは、ユーザーを許容して、概要ページとして機能し、写真、イベント、および特別な申し出を含むページで異なったコンテンツを探っている。

すべての4つの会社のページへの消費者トラフィックは成長し、セッション単位で費やされた時間が成長した。

ファンが作ったページには、ほとんどの事業者で上昇傾向が見られ、スプリントが2010年2月に平均95秒のセッションで導いている。

スプリントとベライゾンは、2010年2月にスパイクした。
そして、ベライゾンはSkypeがスマートフォン上で2010年3月から利用可能であると発表した。
スプリントは、2010年夏に始動する4G電話を販売すると発表した。

ユーザーは、ファンが作ったページがこれらの発表に関する情報に答え、質問を提供するのを当てにしたかもしれないと報告している。

Competeの統計では、
2009年12月から2010年2月までの無線プロバイダ事業者におけるファンが作ったページのための訪問者は、平均時間36秒であった。
しかし、スプリントとベライゾンの両方が、2010年2月に訪問あたりの時間を1分以上に上げることができた。
2009年12月から2010年2月までで、セッション単位の時間で、減少を経験したのはTモバイルだけであった。

これから言っても、Tモバイルは米国市場から撤退し、中南米やアフリカ市場に方向転換すべき時期に来ていることが明らかになっている。

すでにNokiaをはじめ、多くのヨーロッパ企業は米国市場を切り捨て始めている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。