gaYa広告

4月23日

世界図書・著作権デー(World Book and Copyright Day)

知的財産権のひとつである著作権の保護の促進を目的に、1995年11 月に開催されたユネスコ総会において、スペインからの提案に基づき、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)によって1995年に制定され、1996年から実施されている記念日。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

毎年4月23日を世界図書・著作権デーとする宣言文が採択される。
本に関する記念日として4月23日が選ばれたのは、スペインで伝統的にこの日に行われているサン・ジョルディの日に着想を得たもので、ミゲル・デ・セルバンテス(Miguel de Cervantes Saavedra/1547 - 1616)、ウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare/1564 - 1616)、インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ(Inca Garcilaso de la Vega/1539 - 1616)の3人の作家の命日がいずれも1616 年のこの日である。
さらに、ウラジーミル・ナボコフ(Владимир Владимирович Набоков/Vladimir Vladimirovich Nabokov/1899年4月22日 - 1977年7月02日)、ハルドル・ラクスネス(Halldór Kiljan Laxness/1902 - 1998)、モーリス ドリュオン(Maurice Druon/1918 - 2009)、マヌエル・メヒア・バジェホ(Manuel Mejía Vallejo/1923 - 1998)、ジョセプ・プラ(Josep Pla i Casadevall/1897 - 1981)らの多くの文筆家の誕生日や命日であることに因むとされている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。