4月23日

世界図書・著作権デー(World Book and Copyright Day)

知的財産権のひとつである著作権の保護の促進を目的に、1995年11 月に開催されたユネスコ総会において、スペインからの提案に基づき、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)によって1995年に制定され、1996年から実施されている記念日。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

毎年4月23日を世界図書・著作権デーとする宣言文が採択される。
本に関する記念日として4月23日が選ばれたのは、スペインで伝統的にこの日に行われているサン・ジョルディの日に着想を得たもので、ミゲル・デ・セルバンテス(Miguel de Cervantes Saavedra/1547 - 1616)、ウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare/1564 - 1616)、インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ(Inca Garcilaso de la Vega/1539 - 1616)の3人の作家の命日がいずれも1616 年のこの日である。
さらに、ウラジーミル・ナボコフ(Владимир Владимирович Набоков/Vladimir Vladimirovich Nabokov/1899年4月22日 - 1977年7月02日)、ハルドル・ラクスネス(Halldór Kiljan Laxness/1902 - 1998)、モーリス ドリュオン(Maurice Druon/1918 - 2009)、マヌエル・メヒア・バジェホ(Manuel Mejía Vallejo/1923 - 1998)、ジョセプ・プラ(Josep Pla i Casadevall/1897 - 1981)らの多くの文筆家の誕生日や命日であることに因むとされている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。