on-the-time.jp

4月15日

春の高山祭り

高山市城山に鎮座する日枝神社(山王さま)の例祭で、「山王祭」とも呼ばれ、日本三大美祭のひとつに上げられている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)で、永治元年(1141)に三仏寺城主、飛騨守平時輔朝臣が日吉山王より勧請したのが始めといわれる。
日枝神社は金幣社に列せられ、高山市の宮川を中心とした市街地の南半分の氏神となっている。

「山王祭」は、3月1日の抽せん祭から始まり、祭礼当日の屋台曳行順序を決める。
4月14日は試楽祭であり、社殿で、奉告祭、奉幣祭のあと、午後に発御祭を行う。

御祭は、神輿にご分霊を奉遷して、榊を先頭に獅子舞、大太神楽、闘鶏楽、雅楽、一文字笠に裃姿の警固など数百人の行列がつづく。

屋台は午前中に神社正面石段下広場から参道にかけて曳き揃えられ、からくりが奉納される。
夕方には、夜まつり曳行のため、所定の場所に曳き揃えられる。
夜になると、屋台蔵と屋台に灯をともし、曳き別れとよばれる夜祭りがはじまる。夜祭りは各屋台に提灯をつけ「高い山から」の曳き別れ歌をうたいながら、所定の町内を1巡して、各屋台組へ別れる。

15日は本楽祭で祭は最高潮に達し、午前から御旅所前広場をはじめ所定の場所に曳き揃えられた12台の屋台のうち、御旅所前広場では三番叟、龍神台、石橋台の3台はからくり人形の技を数度披露し、喝采をあびる。

ご分霊は、正午御旅所にて発御祭を執行ののち出発、前日の行列に屋台の台名旗を立てた代車を合せて、氏子中を進行後、本社に還御、即時還御祭を執行、引き続き拝殿にて千秋楽曳き払いとなる。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。