2010年03月21日

どうなるドイツの出版社と自然保護!

ドイツのDeutsche Welleは、2008年にドイツでは10億冊以上の本が出版され、そのほとんどが新刊で、ヨーロッパの最も大きい書籍市場で印刷されたと報告している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

それはドイツ人一人当たり10冊に相当する。

しかし、その背景は出版社にとって環境破壊につながった。
ドイツで販売された本は、アジアで製作されている。
そこでは、紙がしばしば処女の熱帯多雨林から伐採されていたことが明らかになった。

WWF(World Wildlife Fund for Nature世界野性生物基金)のドイツ支局は、最近多くのドイツの児童図書をテストして、驚異的な40%が原生林の熱帯木材からの重要な痕跡を含んでいたことが明らかになった。

子供の良いはずの本が、アジアの原生林を破壊していた。

それは、絶滅危惧種のための最悪のニュースになった。
つまり、絶滅危惧種の生息地を子供の良いはずの本が奪っていた。

また、それは気候変動に取り組むための努力のために、がっかりさせるようなニュースであった。

伐採は、現在人間の貢献対地球温暖化ガスの15%以上を占め、そして、世界の森林の損失を止めるのは、放出を減少させる比較的直接的な前進の方法でる。

WWFによると、消費者が森林破壊で馴れ合うのを避ける唯一の方法は、再生紙で印刷された本かFSC(Forest Stewardship Council)によって公認された紙を買うことである。

唯一の朗報は、ドイツのいくつかの最も大きい本の出版社が先頭に立とうとしていることであった。

しかし、それは同時に悪いニュースとして、彼らの供給者が維持できていないという事実であった。

公認された紙の不足は、変更を行いたがっている他の出版社が直面する共有した問題でもあった。

もう、紙に印刷するのではなく、デジタル化した電子出版にしか道はないのかもしれない。

これは本の出版社だけではなく、当然印刷版を残したがっている新聞社にも言える。

英語版Ohmynews.comは2007年10月12日に、グリーンピース(Greenpeace)がオランダの新聞は直接カナダの古代原生林の消滅に責任があると言ったと報告した。この指摘に、オランダの新聞社は、彼らのパルプ供給者を変えることを考えている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト