on-the-time.jp

2010年03月21日

動物の絶滅危惧種への最大脅威は、インターネット!

イギリスのThe Guardianは、希少動物保護論者が2010年03月21日日曜日に、生きているライオンの子から虎の骨から作られたワインまで、不法野生生物取り引きをあおって、すべてを買うのをより簡単にし、インターネットは最大の脅威の1つとして希少種に現れと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

このインターネットの衝撃は、175カ国が参加し2010年3月13日から25日までカタールのドーハで開催されているCites(Convention on International Trade in Endangered Species)で登場した。

代表は日曜日、カイゼルのぶちのイモリの取り引きで、世界野性生物基金(World Wildlife Fund)はインターネット貿易で荒らしたとそのイモリを指摘し、圧倒的多数で禁止に投票した。

Ifaw(International Fund for Animal Welfare/国際動物福祉基金)の選挙事務所長ポール・トッド(Paul Todd)は、Citesで最も大きい挑戦の1つとして、インターネットの姿勢について明確にしてくださいといった。

Ifawは、インターネットにおける不正取引のいくつかの調査を行って、そのほとんどが米国であったが、ヨーロッパ、中国、ロシア、およびオーストラリアでも、何千もの種がオークションのサイト、案内広告、およびchatroomsで販売されるのがわかったと言っている。

こういうときに、いつも中心になるのが米国の自己中心的な身勝手思想である。

不正取引の大部分がアフリカの象牙にあり、また、グループは北極熊とヒョウのような保護種から、虎骨のワインや毛皮などのまれな製品に伴う外国産の鳥を見つけた。

Campaign Against Cruelty to Animalsにおける2009年の別々の調査は、生きているオマキザル属、ライオンの子、およびオセロットを販売するという申し出を見つけて、エクアドルでインターネット取り引きを狙った。

そういえば、タイのバンコクにある大きなバス停の近くで毎週2回開催される動物の取引会場を見に行ったとき、底にはワシントン条約違反と思われる動物が、一杯販売されていた。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。