on-the-time.jp

2010年03月21日

動物の絶滅危惧種への最大脅威は、インターネット!

イギリスのThe Guardianは、希少動物保護論者が2010年03月21日日曜日に、生きているライオンの子から虎の骨から作られたワインまで、不法野生生物取り引きをあおって、すべてを買うのをより簡単にし、インターネットは最大の脅威の1つとして希少種に現れと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

このインターネットの衝撃は、175カ国が参加し2010年3月13日から25日までカタールのドーハで開催されているCites(Convention on International Trade in Endangered Species)で登場した。

代表は日曜日、カイゼルのぶちのイモリの取り引きで、世界野性生物基金(World Wildlife Fund)はインターネット貿易で荒らしたとそのイモリを指摘し、圧倒的多数で禁止に投票した。

Ifaw(International Fund for Animal Welfare/国際動物福祉基金)の選挙事務所長ポール・トッド(Paul Todd)は、Citesで最も大きい挑戦の1つとして、インターネットの姿勢について明確にしてくださいといった。

Ifawは、インターネットにおける不正取引のいくつかの調査を行って、そのほとんどが米国であったが、ヨーロッパ、中国、ロシア、およびオーストラリアでも、何千もの種がオークションのサイト、案内広告、およびchatroomsで販売されるのがわかったと言っている。

こういうときに、いつも中心になるのが米国の自己中心的な身勝手思想である。

不正取引の大部分がアフリカの象牙にあり、また、グループは北極熊とヒョウのような保護種から、虎骨のワインや毛皮などのまれな製品に伴う外国産の鳥を見つけた。

Campaign Against Cruelty to Animalsにおける2009年の別々の調査は、生きているオマキザル属、ライオンの子、およびオセロットを販売するという申し出を見つけて、エクアドルでインターネット取り引きを狙った。

そういえば、タイのバンコクにある大きなバス停の近くで毎週2回開催される動物の取引会場を見に行ったとき、底にはワシントン条約違反と思われる動物が、一杯販売されていた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。