on-the-time.jp

2010年03月21日

噂されたAndroid OSのサムソン・タブレット。

電子ブック

Cellular-Newsは、オランダのTweakersのWEBサイトでサムソン(三星/Samsung)から今年年末に登場すると噂されたGoogleのAndroid OSのタブレットをレポートしたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

そのタブレットは、Windowsベースのデバイスであったが、Apple iPadより速く作動すると報告している。

サムソンがタブレット・デバイスに取り組んでいたというレポートは、最初にAPC雑誌でサムソン・オーストラリアのIT事業部(Samsung Australia's IT division)のナショナル・プロダクトとマーケティング・マネージャー(National Product and Marketing Manager)であるエマヌエル・シレネス(Emmanuele Silanesu)が、「サムソンは「下期」にスレートを発売すると言い、そして、デバイスは消費市場に明確な焦点を持っているでしょう。」といったと報告した。

「Tweakers」による後のレポートで、サムソンの中のいくつかの資料を引用し、速度、必要条件を満たすためデバイスがいくつかのレポートによって推定されていたWindows OSではなく、Android OSに基づいていると言った。

ただし、「Tweakers」はオランダ語で書かれているので、英語しか読めない人には残念ながら理解できないかもしれない。

エマヌエル・シレネスは、
「そのスレート・タイプ・プラットホームは、走りが速いと感じていますが、私は、例えば、はるかに大きい柔軟性を持っているAtomベースの製品、入力と出力は言うまでもなく、脚が、はるかに強力である必要であると思います。」
「これには、iPadより多くの可能性があります。」と、言い足した。

AppleのiPadを対照にしないで、サムソン・デバイスが、より広い範囲のサード・パーティー周辺機器をサポートすると予想されている。

サムソン・オーストラリアのIT事業部のフィリップ・ニュートン(Philip Newton)が、シンガポールのサムソン・フォーラム(Samsung Forum in Singapore)で、APCに、「私が、iPadで認めた問題が処理能力である。(欠けている)」と言った。

つまり、年末にサムソンが発売するタブレットは、AppleのiPadよりスピードで勝っていると言っている。

APCは2010年03月15日に、サムソンがAmazonのKindle、B&NのNookをターゲットにしたebook readersもUS$$299からの価格で発売すると報告している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告