gaYa広告

2010年03月21日

噂されたAndroid OSのサムソン・タブレット。

電子ブック

Cellular-Newsは、オランダのTweakersのWEBサイトでサムソン(三星/Samsung)から今年年末に登場すると噂されたGoogleのAndroid OSのタブレットをレポートしたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

そのタブレットは、Windowsベースのデバイスであったが、Apple iPadより速く作動すると報告している。

サムソンがタブレット・デバイスに取り組んでいたというレポートは、最初にAPC雑誌でサムソン・オーストラリアのIT事業部(Samsung Australia's IT division)のナショナル・プロダクトとマーケティング・マネージャー(National Product and Marketing Manager)であるエマヌエル・シレネス(Emmanuele Silanesu)が、「サムソンは「下期」にスレートを発売すると言い、そして、デバイスは消費市場に明確な焦点を持っているでしょう。」といったと報告した。

「Tweakers」による後のレポートで、サムソンの中のいくつかの資料を引用し、速度、必要条件を満たすためデバイスがいくつかのレポートによって推定されていたWindows OSではなく、Android OSに基づいていると言った。

ただし、「Tweakers」はオランダ語で書かれているので、英語しか読めない人には残念ながら理解できないかもしれない。

エマヌエル・シレネスは、
「そのスレート・タイプ・プラットホームは、走りが速いと感じていますが、私は、例えば、はるかに大きい柔軟性を持っているAtomベースの製品、入力と出力は言うまでもなく、脚が、はるかに強力である必要であると思います。」
「これには、iPadより多くの可能性があります。」と、言い足した。

AppleのiPadを対照にしないで、サムソン・デバイスが、より広い範囲のサード・パーティー周辺機器をサポートすると予想されている。

サムソン・オーストラリアのIT事業部のフィリップ・ニュートン(Philip Newton)が、シンガポールのサムソン・フォーラム(Samsung Forum in Singapore)で、APCに、「私が、iPadで認めた問題が処理能力である。(欠けている)」と言った。

つまり、年末にサムソンが発売するタブレットは、AppleのiPadよりスピードで勝っていると言っている。

APCは2010年03月15日に、サムソンがAmazonのKindle、B&NのNookをターゲットにしたebook readersもUS$$299からの価格で発売すると報告している。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。