1月13日

成人の日。

国民の祝日に関する法律(祝日法)では「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としている、1948年公布・施行の祝日法によって制定された祝日。

制定から1999年までは、元服の儀が小正月に行われていたことから、毎年1月15日を「成人の日」としてきた。
2000年からはハッピーマンデー制度導入に伴い、2000年から1月第2月曜日に変更された。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

元服とは、一人前の男として重要な責任と義務を負い、社会の仲間入りを果たす年令を意味し、男子は、幼名から烏帽子名に改名する「元服(烏帽子)」は、髪を結い冠または烏帽子をつけ、服装を改め成人したことを周囲に示した。
女子は、未婚でも18~20歳くらいで"裳"という腰から下にまとう衣服を身に付ける裳着(もぎ)、日本髪の髪形を丸髷、両輪、又は先笄に替える髪上(かみあげ)になり、厚化粧にして、鉄漿親により、歯を黒く染める「お歯黒」付けを成人の儀礼とした。

「元服(烏帽子)」の風習は、室町時代になると民間にも普及した。

「続日本紀」に、元明天皇の和銅7年に聖武天皇が皇太子にして元服を加え給ひしとあるのが最初とされている。
藤原公賢の家では5歳、徳川家でも概ね7歳から10歳以下で行っていた。
例外として、6代将軍足利義教が35歳で元服をしている。
歴史に名を残す八幡太郎義家は、7歳の年に石清水八幡宮で、次男義綱は15歳の年に賀茂神社で、三男の義光は14歳の年に新羅明神で加冠の義を行っている。

源氏は 十二歳で元服した。
東宮(第一皇子)の時に負けないように盛大にと、帝は先頭に立ち式の準備を整え、誰もが 精神誠意 善美を尽くした。
童姿から 凛々しい冠者の君に…、その麗しい角髪(みすら)は解かれたが、さらに愛らしく 若々しく 凛とした光るの君の姿があった。
誰しも涙、感涙を抑えることができなかった。
父帝はをかろうじて堪えている。

元服を機に 左大臣の姫と結婚させようと計画される。

帝でみれば源氏の後見役に左大臣がついてくれれば
将来は安泰であると思われた。

左大臣としても 臣下にくだったとはいえ 帝の最愛の皇子。
婿に迎えれば権勢は一段と強まる。

いときなき はつもとゆひに 長き世を 契る心は結びこめつや 
                                  
左大臣よ、幼さを残すわが子の初元結をしっかり結んでくれたか?
そなたの娘との 末永い夫婦生活が愛と幸福に満ちたものであるように願ってと念を押される
結びつる 心も深き もとゆひに 濃きむらさきの 色しあせずは心を込めて結びました
この約束した心も 深いものとなりましょう濃い紫の色があせないように愛情が末永く変わらないことを願って政治的な思惑をこえ 心から二人の幸せを願った。

父帝は切ないまでの愛情を歌に込め、左大臣はその誠実な人柄をしのばせる返歌をする。

事実、左大臣は 実の息子同様の愛情をそそぎ葵の上亡き後も 支援を惜しまなかった。

織田信秀の嫡男、幼名吉法師は、元服後に三郎信長となり、袴にヒウチ袋などを下げ、太刀は朱鞘、身につけるものはことごとく赤色という異様な風体をし、町で餅をかじりながら歩くという変わり者で「大うつけ者」と呼ばれた。

「古事類苑」には「元服トハ、男子頭首に加フルニ冠ヲ以テスルコトニテ、元トハ頭首ヲ謂イ、服トハ冠ヲ指ス、蓋シ男子ノ生マルルヤ、幼児ニ在リテハ、常ニ頂ヲ露シ、頭首ニハ、戴ク所ナシ、是ヲ童子若クハ、「わらは」ト云ヒ、長大ニシテ冠セザルヲ大童ト云ヒテ、猶ホ之ヲ成人ト為サズ、其初テ冠ヲ戴クルヲ元服ト云ヒ、「うひかうぶり」ト云フ、其式ヲ指シテ冠礼ト云ヒ、其事ヲ指シテ男ニナルト云フ。男トハ童子ノ域ヲ脱シ、成人ノ男子タルヲ謂フナリ、元服ハ実ニ成人ヲ表スルノ礼ナリ。」と書かれている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告