3月24日

マネキンの日

ファッション

上野公園で開催された大礼記念国産振興東京博覧会で1928年3月24日に、高島屋呉服店が初めて「マネキンガール」を起用し、博覧会で着物姿の美しい女性を展示場のソファに座らせ、大評判となり、これにより、販売員とファッションモデルを兼ねる「マネキンガール」という職業が認知され、女性の花形職業となったことから、この日をマネキン誕生の日として記念するようになった。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

「マネキンガール」は、1928年の流行語にも選ばれた。
「マネキンガール」はその後、「マネキン」と「ファッション・モデル」に分化されていった。

つまり、「マネキンの日」は、日本のファッション・モデルの誕生の日でもある。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告