3月24日

マネキンの日

ファッション

上野公園で開催された大礼記念国産振興東京博覧会で1928年3月24日に、高島屋呉服店が初めて「マネキンガール」を起用し、博覧会で着物姿の美しい女性を展示場のソファに座らせ、大評判となり、これにより、販売員とファッションモデルを兼ねる「マネキンガール」という職業が認知され、女性の花形職業となったことから、この日をマネキン誕生の日として記念するようになった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「マネキンガール」は、1928年の流行語にも選ばれた。
「マネキンガール」はその後、「マネキン」と「ファッション・モデル」に分化されていった。

つまり、「マネキンの日」は、日本のファッション・モデルの誕生の日でもある。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。