on-the-time.jp

2010年03月03日

ウルトラ無線時代の最大の武器を開発!

Cellular-Newsは、「'Microrings' Could Nix Wires for Communications in Homes, Offices」を公開し、「Microrings」が家庭や事務所での一般電話回線を禁止するかの知らないと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

パデュー大学(Purdue University)の研究者は、未来の家庭と仕事場でのコミュニケーションにおいて、有線を時代遅れにすることに向かったステップとして、超高速レーザー・パルスを高周波信号炸裂に変換できるミニチュアの装置を開発した。

そのような進歩は、ハイビジョン放送からのすべてのコミュニケーションがコンピュータ接続を保証して、単一基地局から伝えられるのを可能にするかもしれないと、電気とコンピュータ工学(Electrical and Computer Engineering)の助教授ミンガオ・キ(Minghao Qi)は言った。

彼は、
「もちろん、私たちの特定の技術の用途に関する考えは、未来的であって、投機的ですが、私たちは単一基地局を思い描きます、そして、他の何もかもを無線にするでしょう。」
「この基地局は、ちょっとそれ自体でコンピュータ、おそらく中央コンピュータの拡大スロットの1つに挿入されたカードになるでしょう。」
「中央コンピュータは、情報を受け取って、送る際に外界と対話する単一の連絡先として、すべての情報処理を担当するでしょう。」と言った。

パデュー大学の電気とコンピュータ工学Scifres Family Distinguishedの教授アンドリュー・ワイナー(Andrew Weiner)は、通常、従来の無線通信の持続波は家庭と仕事場スの中で壁と物から反射する信号から干渉に遭遇した。
しかし、新しい「チップベースのスペクトル整形器」によって作り出された信号は、通常の無線周波数コミュニケーションを苦しめる干渉を抑えたと言っている。

各レーザーパルスは約100フェムト秒、または1兆秒の1/10で、これらのパルスは、アンドリュー・ワイナー教授によって導かれたパデュー大学の研究者によって開拓された「光学任意の波形技術(optical arbitrary waveform technology)」を使用することで処理された。

この調査結果は、オンライン雑誌「ネイチャー・ホトニクス(Nature Photonics)」で公開され、印刷版は2月で発表された。

この研究所は、パデュー大学のDiscovery Parkにあるブリック・ナノテクノロジー・センター(Birck Nanotechnology Center)にある。

アンドリュー・ワイナー教授は、「この技術を可能にすることは、私たちの装置が帯域幅無線周波数が高解像度表示に必要である高いデータ信号速度を伝える必要があった「ウルトラ帯域」を発生させるということです。」と言った。

ウルトラ無線時代への可能性。
これが実現するとWiMAXだLTEだと争っていたことが、完全に化石化し、古代史に出てきそうである。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。