3月25日

電気記念日

1927年に開催された日本電気協会の総会で、制定した記念日。
1928年から毎年3月25日頃に全国各地でさまざまな記念行事が開催されている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

工部省電信局は1878年3月25日に、万国電信連合に加盟する準備として東京の木挽町に電信中央局を設け、その開局祝賀会を東京虎ノ門の工部大学校の講堂で開催した。

会場でこの日に電気灯を使用するよう、工部卿伊藤博文から特に命ぜられていたイギリス人エアトン教授は、グローブ電池50個を使い、講堂の天井に設置されたアーク灯(デュボスク式アーク灯/Dubosc arc light)を点灯するため、自ら難しい調整にあたっていた。
夕方6時にエアトン教授が合図を送ると、目もくらむような青白い光がほとばしり、講堂をくまなく照らし出した。
その場にいた来賓たちは、「不夜城に遊ぶ思い」と驚嘆の声をあげたといわれている。
これが、日本で電灯が公の場ではじめて点灯された瞬間であった。

1879年10月21日には、米国でエジソンが白熱電球を発明し、日本にも輸入された。
1879年には東京で電灯会社が設立され、電灯に動力にと、電気の時代が幕を開けた。

市民が公の場で初めて電気による光を目にしたのは、工部大学校でアーク灯が点灯されてから、4年後のことであった。
1882年7月に、東京電灯会社が銀座二丁目の大倉組の中に創立仮事務所を置き、事務所の前に設置した宣伝用の街灯を、1882年11月1日に点灯した。
この時は電池ではなく、米国製のブラッシュ発電機を用い、2,000燭光のアーク灯が使われた。
当時の新聞は「見物の群集は市街に満ち」と報じ、その時の様子を描いた錦絵も登場しました。

動力として電気が使われた最初は、1890年11月に東京の浅草で建設された12階の凌雲閣で、のエレベーター運転用として、7馬力電動機が供給されたのが最初であった。
1895年月には、京都伏見線で電気鉄道が初めて営業運転を行った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告