gaYa広告

3月23日

世界気象デー(World Meteorological Day)

世界的な気象網の整備とそれに関連して用語・観測基準などの統一を図り、合わせて気象学の研究・教育を推進することを目的に、1950年3月23日にWMO(World Meteorological Organization/世界気象機関)条約が発効したことを記念し、1961年に制定された記念日。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

日本は1953年に加入した。
スイスのジュネーブにあるWMOの本部では毎年キャンペーン・テーマを設け、気象知識の普及や国際的な気象業務への理解の促進に務めている。
また、気候に関する科学的な情報の活用を促進することにより、気候リスク管理や気候への適応への貢献を図ることを目的として、世界気候会議を開催している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告