3月23日

世界気象デー(World Meteorological Day)

世界的な気象網の整備とそれに関連して用語・観測基準などの統一を図り、合わせて気象学の研究・教育を推進することを目的に、1950年3月23日にWMO(World Meteorological Organization/世界気象機関)条約が発効したことを記念し、1961年に制定された記念日。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本は1953年に加入した。
スイスのジュネーブにあるWMOの本部では毎年キャンペーン・テーマを設け、気象知識の普及や国際的な気象業務への理解の促進に務めている。
また、気候に関する科学的な情報の活用を促進することにより、気候リスク管理や気候への適応への貢献を図ることを目的として、世界気候会議を開催している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。