gaYa広告

3月22日

放送記念日。

1925年3月22日9時30分に、芝浦の東京高等工芸学校内の図書室に設けられた東京放送局からNHK(当時東京放送局)の京田武男アナウンサーがラジオで、「JOAK。こちらは東京放送であります。こんにちただいまより、放送を開始致します」という第一声に続き、海軍軍楽隊の演奏の仮放送を始めたのを記念し、1938年に制定された記念日。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

NHKではこの日に、NHKホールで「放送文化賞」として日本の放送界に貢献した著名人に対する表彰を行っている。

東京放送局は電機メーカーや新聞社などが共同で設立した社団法人で、初代の総裁は後藤新平であった。
後藤新平は、ラジオ放送の意義として、
(1)文化の機会均等。放送は地域・年齢性別に関係なく聞くことができる。
(2)ラジオを取り囲んでの家庭内での団欒。外に行かなくても家で寄席などが聞ける。
(3)社会人でも放送を通して教育を受けることができる。
(4)経済機能の敏活化に寄与する。
の4点を挙げた。

同様の動きが東京、大阪、名古屋で独立して怒り、JOAK=東京放送局、JOBK=大阪放送局、JOCK=名古屋放送局、とコールサインは決められていた。
東京放送局は最初3月1日に放送を始める予定であったが、購入するつもりであった、当時国内に1台しか存在しなかった放送用の送信機が大阪放送局に先に買い取られ、東京電気研究所の送信機を借りて急遽放送用に改造して使用することになった。
しかし逓信省の2月26日の調査で、「放送設備が未完成であるから3月1日からの放送は許可できない」と言われ、さらに開始予定日を3日遅らせることになった。
ただし、すでに新聞などでは、既に3月1日から放送を開始すると記事にしていた。
そこで3月1日からの放送は「試験放送」ということにして、追って必要と言われた設備を整備し、改めて放送開始の許可を取って、3月22日の「仮放送」にこぎつけた。
周波数は594KHz。

5月には現在放送博物館になっている愛宕山に正式の放送局が建築され、7月12日に「本放送」を開始した。
7月12日は、現在「ラジオ本放送の日」になっている。
6月1日には大阪放送局も上本町のスタジオから仮放送を開始し、7月には名古屋放送局も仮放送を開始した。
3つの放送局は1926年8月20日に合併して、日本放送協会となった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト