on-the-time.jp

3月22日

放送記念日。

1925年3月22日9時30分に、芝浦の東京高等工芸学校内の図書室に設けられた東京放送局からNHK(当時東京放送局)の京田武男アナウンサーがラジオで、「JOAK。こちらは東京放送であります。こんにちただいまより、放送を開始致します」という第一声に続き、海軍軍楽隊の演奏の仮放送を始めたのを記念し、1938年に制定された記念日。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

NHKではこの日に、NHKホールで「放送文化賞」として日本の放送界に貢献した著名人に対する表彰を行っている。

東京放送局は電機メーカーや新聞社などが共同で設立した社団法人で、初代の総裁は後藤新平であった。
後藤新平は、ラジオ放送の意義として、
(1)文化の機会均等。放送は地域・年齢性別に関係なく聞くことができる。
(2)ラジオを取り囲んでの家庭内での団欒。外に行かなくても家で寄席などが聞ける。
(3)社会人でも放送を通して教育を受けることができる。
(4)経済機能の敏活化に寄与する。
の4点を挙げた。

同様の動きが東京、大阪、名古屋で独立して怒り、JOAK=東京放送局、JOBK=大阪放送局、JOCK=名古屋放送局、とコールサインは決められていた。
東京放送局は最初3月1日に放送を始める予定であったが、購入するつもりであった、当時国内に1台しか存在しなかった放送用の送信機が大阪放送局に先に買い取られ、東京電気研究所の送信機を借りて急遽放送用に改造して使用することになった。
しかし逓信省の2月26日の調査で、「放送設備が未完成であるから3月1日からの放送は許可できない」と言われ、さらに開始予定日を3日遅らせることになった。
ただし、すでに新聞などでは、既に3月1日から放送を開始すると記事にしていた。
そこで3月1日からの放送は「試験放送」ということにして、追って必要と言われた設備を整備し、改めて放送開始の許可を取って、3月22日の「仮放送」にこぎつけた。
周波数は594KHz。

5月には現在放送博物館になっている愛宕山に正式の放送局が建築され、7月12日に「本放送」を開始した。
7月12日は、現在「ラジオ本放送の日」になっている。
6月1日には大阪放送局も上本町のスタジオから仮放送を開始し、7月には名古屋放送局も仮放送を開始した。
3つの放送局は1926年8月20日に合併して、日本放送協会となった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト