3月24日

彼岸明け

彼岸はサンスクリット語の「波羅密多(はらみつた/पारमिता /Pāramitā/パーラミター)」を漢訳した「到彼岸(とうひがん)」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である「此岸(しがん)」にある者が、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の修行をする事で解脱し、「悟りの世界」、涅槃を指し、「彼岸(ひがん)」の境地へ到達することができるといわれている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

中国や日本の伝統的な解釈では、これを「pāram(彼岸に)+ita(到った)」という過去分詞の女性形と読み、彼岸(覚り)に到る行と解するのが通例である。
こちら(此方)の岸から、あちら(彼方)の岸へ渡る行事であり、境地へ到達した日である。

言語学的に支持されているのは、Pāramitā を、「pārami(<parama最高の)+tā(状態)」と分解する説で、「究極最高であること」「完成態」と解釈すべきとしている。

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる「春分の日」と「秋分の日」を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸会(ひがんえ)」と呼び、雑節の一つで、この期間に仏様の供養をする事で、阿弥陀如来が治める浄土の一種である「極楽浄土」へ行くことができると考えられていた。
「極楽浄土」は西方の遙か彼方にあると考えられていることから、「西方浄土」ともいう。

俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされている。

日蓮に仮託した「彼岸抄」によれば、彼岸の期間は善行・悪行共に過大な果報を生ずる特別な期間であるから、悪事を止め、善事に精進するよう勧めている。

日本で彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は、彼岸の頃に咲く春の牡丹と、秋の萩に由来すると言われている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト