on-the-time.jp

3月24日

彼岸明け

彼岸はサンスクリット語の「波羅密多(はらみつた/पारमिता /Pāramitā/パーラミター)」を漢訳した「到彼岸(とうひがん)」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である「此岸(しがん)」にある者が、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の修行をする事で解脱し、「悟りの世界」、涅槃を指し、「彼岸(ひがん)」の境地へ到達することができるといわれている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

中国や日本の伝統的な解釈では、これを「pāram(彼岸に)+ita(到った)」という過去分詞の女性形と読み、彼岸(覚り)に到る行と解するのが通例である。
こちら(此方)の岸から、あちら(彼方)の岸へ渡る行事であり、境地へ到達した日である。

言語学的に支持されているのは、Pāramitā を、「pārami(<parama最高の)+tā(状態)」と分解する説で、「究極最高であること」「完成態」と解釈すべきとしている。

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる「春分の日」と「秋分の日」を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸会(ひがんえ)」と呼び、雑節の一つで、この期間に仏様の供養をする事で、阿弥陀如来が治める浄土の一種である「極楽浄土」へ行くことができると考えられていた。
「極楽浄土」は西方の遙か彼方にあると考えられていることから、「西方浄土」ともいう。

俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされている。

日蓮に仮託した「彼岸抄」によれば、彼岸の期間は善行・悪行共に過大な果報を生ずる特別な期間であるから、悪事を止め、善事に精進するよう勧めている。

日本で彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は、彼岸の頃に咲く春の牡丹と、秋の萩に由来すると言われている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告