on-the-time.jp

3月3日

雛祭り

もともとは、3月上旬の巳の日という意味で「上巳の節句」と呼ばれ、起源は300年頃の古代中国で起こった上巳節にあると言われている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

昔から季節や物事の節目には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、季節の節目の邪気祓い行事として、老若男女を問わず皆の幸福を願う行事として、川の水に心身の穢れを流して厄を祓う行事や、杯を水に流して宴を催す曲水の宴などが行われていた。

その上巳節を遣唐使が日本に伝えたといわれている。

日本でも古くから禊(みそぎ)や祓いの思想や、形代(かたしろ)という身代わり信仰があったため、それが上巳節と結びつき、上巳の節句として日本独自の文化として定着していった。

持統天皇の5年(691年)には、上巳を3月3日としている文献があもある

奈良時代から平安時代にかけ、宮中、貴族の邸宅で行われた遊宴の行事。
三月上巳または桃の節句に、杯を水の流れに浮かべて穢れ儀式としておこなわれていた。

そのひとつが流し雛で、これは自分の体を草木やわらでこしらえた人形(ひとがた)で撫でて穢れを移し、それを川に流す神事が上巳節と混じりあったもので、今でもその伝統を守っている地域があり、曲水の宴も風雅な文化として発展していった。

平安時代ごろから、宮中や貴族の子女の間で、紙の人形を使ったままごと遊びが盛んになり、雛遊び(ひなあそび/ひいなあそび)といわれるようになっていった。

この遊びが上巳の節句と結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が誕生していった。
これがいわゆる雛人形の原型で、やがて人形作りの技術が発展し。立派な雛人形ができてくると、雛人形は流すもの(流し雛)から飾るものへと変化していった。

また、桃には邪気を祓う力があるとされ様々な神事に取り入れられていた。
邪気祓いをする上巳の節句が桃の節句になった。
桃から生まれた桃太郎が鬼退治をする民話もこのような背景から誕生した。

やがて江戸幕府が五節句「人日」「上巳」「端午」「七夕」「重陽」を制定し、3月3日を「桃の節句」と定め、5月5日の「端午の節句」が男の子の節句であるのに対し、3月3日は女の子の節句として定着していった。

すると、娘の厄を受ける雛人形はその家の財力の象徴として華やかさを増してゆき、豪華な雛人形を雛壇に飾るようになり、自慢の雛人形を見せ合う雛合わせや、ご馳走を持って親戚を訪ねる雛の使いが流行し、美しい雛人形を持って雛祭りをすることが民衆の憧れとなっていった。

また、桃には邪気を祓う力があるとされ様々な神事に取り入れられていた。
邪気祓いをする上巳の節句が桃の節句になった。

菱餅は、
桃色(紅)…赤いクチナシの実には、解毒作用があり、赤は魔よけの色として。
白……血圧を下げるひしの実が入り、子孫繁栄、長寿、純潔を願う。
緑……強い香りで厄除け効果があるよもぎ餅。健やかな成長を願う。
また、3色を重ねる順番で春の情景をあらあしている。
・下から緑・白・桃色の順番で、“雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”
・下から白・緑・桃色の順番で、“雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”
菱餅がなぜ菱型なのでしょうか?
菱の実を模して菱型になったという説もあるが、心臓の形説など、菱型に関してはいろんな説がある。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。