2010年01月21日

さて、AppleとNokiaは、どう山分けするか!?

Fortune Brainstorm Techは、Philip Elmer-DeWittによる「How Apple and Nokia divvy up the world」を公開し、「北と南」「東と西」「最初の世界、第2世界、および3番目」そんなのは忘れてください。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

昨年遅くGoogleによって買収されたモバイル広告会社AdMobによると、スマートフォン用法で世界はアップル(Apple)とノキア(Nokia)の2つの部品に少なくとも分割される。

アップルは北米、オーストラリア、そして、西洋のヨーロッパの市場を支配している。
ノキアのシンビアンは、アフリカとアジアで最も人気があるオペレーティングシステムであり、重要な市場に東欧とラテンアメリカを分担させ続けている。

しかし、AdMobがそれらを測定するとき、数はアップルの好意に傾いている。

ノキアのシェアは2008年第4四半期の33%から、2009年第4四半期に18%に低下し、アップルは2008年第4四半期の9%から、2009年第4四半期に36%まで増加しました。

おいおい、昨年遅くAdMobを買収したご主人様、GoogleのAndroidはどうなった?

これからと言うことでしょう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。