2010年01月21日

銀河団で見つかった衝撃の2つの「尾」が語るのは何か?

NASAは銀河で起こった衝撃の画像を公開し、チャンドラX線探査衛星(Chandra X-ray Observatory)を使用することで、X線放出する2つの素晴らしい「尾(Tails/テール)」は、銀河の後を引きずっていることが見つかったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

天文学者に「H-アルファ(H-α/H-alpha)」として知られている 銀河集団「アベル3627(Abell 3627)」の合成画像は、チャンドラからのX線画像で、光学放出において、赤の中の黄色で水素光、放出物を青でとらえた。

光学データと「H-アルファ」データは、チリにあるSOAR(the Southern Astrophysical Research)天文台で得られた。

「尾」の先頭に「銀河ESO 137-001(the galaxy ESO 137-001)」がある。

2つの「尾」でより明るいものは別れて、約260,000光年広がっている。

しかし、科学者にとって。2番目の検出で、よりかすかな「尾」の探知は驚きであった。

それが銀河集団「アベル3627」のセンターの方へ旅行するとき、絶対零度より上の約10度の温度である「ESO 137-001」からの冷たいガスが、約1億度の熱いガスで照り映えとき、X線尾は作れた。

「尾」の100から1,000K(ケルビン)の間の温度によるガスの証拠は、シュピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)でも見つかった。

この銀河団は、数百もの熱いガスでおおわれ、重力によって結合された何千もの銀河の集合体である。

「ESO137-001」で2つの主要な渦状腕からガスを剥ぎ取ったので、このシステムで2方面への「尾」は形成されたかもしれない。

ガスの除去は銀河進化に重要な影響を及ぼすと考えられる。そして、銀河から冷たいガスを除去して、銀河の新星の形成をシャットダウンし、星の形成の影響のため、内部の螺旋武器と膨張の出現を変えている。

チリにあるSOAR(the Southern Astrophysical Research)天文台のGoogle Earthポインター情報
30°14'16.80"S,70°44'1.40"W
または、
-30.238000, -70.733722

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告