on-the-time.jp

2010年01月14日

子供は問題ありません!だって彼らは携帯電話を持っている。

MediaPostは、MRI(Mediamark Research&Intelligence;)のAmerican Kids Studyによると、小学校の1日が終わると、子供は電話を鳴らし、テキストの両方で両親に連絡を取っていると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

6歳から11歳の子供で20%は、自分の携帯電話を持っている。
その上、子供の携帯電話は急速に広がり、5年間で68%成長し、12%以上の両親は12カ月以内に子供のために携帯電話を買うつもりであると言っている。

調査されたほとんどの子供が、彼らの両親、友人、非常時の目的で、テキスト・メッセージングか電話をして、それらの携帯電話使用の上位の理由としてコミュニケーションであった。

「The 2009 American Kids Study」の調査として、5,000人の子供を調査した。

また、2005年頃にデビューしたCingularのファイヤーフライ(Firefly)に同意し、一般に、最初の子供にとって、主要な携帯電話はそれを採用している。

Cingularのファイヤーフライは電話をかけるための前部に2個のプログラマブル・ボタンがあり、キーボードがないので、両親が家に電話すること意外に求められていない発信電話をしている子供を心配するか、またはそのために働く必要が全くない。

ファイヤーフライは、写真も撮れないし、音楽を聴くこともできない。

しかし、最近になって傾向が大きく変わり、6歳から11歳が使っている携帯電話は値段の高い上位機種になり、ほとんどの携帯電話でアダルト電話が可能になっている。

両親はいくつかの携帯電話で、GPSを使って子供達の現在地を追跡さえしている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。