on-the-time.jp

2010年01月14日

米国は、クリスマス・テロ・パーティでさらに安全ダンスを踊る!

NBC Newsは、国家安全保障省はさらにイスラム教徒テロリストが米国に対する別の攻撃を計画していたことを示す諜報局の情報に対応して航空安全を増強している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

新しい規則は詳細に説明されなかったが、米国政府高官はNBC Newsに、匿名を条件に彼らがさらに飛行における連邦の航空警察官の数、乗客の動きにおける機内の制限、より無作為の国際飛行線の乗客の検査を増加させていると言ったと報告している。

NBC Newsが新しいレポートを明らかにした後に、国土安全保障(Homeland Security Secretary)のジャネット・ナポリターノ(Janet Napolitano)長官は、
「クリスマスのイベントから見て、私たちがアルカイダから直面している継続的な脅威に関して用心深いままでなければならない。」
「私たちは、アメリカ国民を保護するために追加航空安全対策を取っています。」と言った。

米当局者が、新しい諜報局の情報データが、アラビアの国イエメンでのアルカイダ分派が米国に対する別の攻撃を計画していると示唆したと言った後に、安全強化は来た。
グループに所属するイギリスにいるナイジェリア人の男性は、クリスマスにデトロイト上空でジェット旅客機爆撃が中止になった試みに責任があったと信じられている。

職員のひとりは、
「だれも、アラビア半島のアルカイダが、米国に対する攻撃計画を止めたと信じていません。」
「だれも、12月25日のイベントが私たちが奴について、最終であったと信じていません。」
と言っている。

2番目の職員は、23歳のウマー・ファローク・アブドゥルムタルバ(Umar Farouk Abdulmutallab)の査問で、彼のズボン下で爆薬をノースウエスト航空第253便(Northwest Airlines Flight 253)で発火させようとしたと言った。

ただし、ウマー・ファローク・アブドゥルムタルバは今週、無罪を主張した。

バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)は、政府にはウマー・ファローク・アブドゥルムタルバの合衆国に対して攻撃を試みを止めた打撃情報があった(the attack an attempted strike against the United States and said the government had information)と言ったが、国防省との関係は明らかにしなかった。

2001年は9月11日、今回は2009年のクリスマス。
米国のパーティ・イベントを狙って、攻撃してきている。
米国の祭日や休日、バケーションは、飛行機利用を避けるべきかもしれない。

もう、アフガニスタンのアルカイダで特殊テロ訓練を受けたテロリストは世界中に広がってしまった。

Richard Reid
Iyman Faris
Shahawar Matin Siraj
Narseal Batiste
Russell Defreitas

1. Shoe bomber lights a dud
2. Buffalo Six spill beans on 'big meal'
3. Bin Laden lieutenant burns blow torch conspirator
4. Republican National Convention goes off without a bang
5. Robbery spree leads to terrorism target list
6. FBI plugs Transcontinental Pipeline plot
7. Supply request foils Sears Tower plot
8. Fort Dix plot burned by DVD copies
9. Longtime cocaine dealer informs in far-fetched JFK plot

TIMELINE(23歳のウマー・ファローク・アブドゥルムタルバ(Umar Farouk Abdulmutallab)の行動年表)
A look at Umar Farouk Abdulmutallab and key events surrounding the Christmas Day attack on a U.S. airliner.
2008年
* June 12: Abdulmutallab applies for a visa at the U.S. Embassy in London.
* June 16: His visa is granted. The visa is a regular multiple-entry tourist visa valid until June 12, 2010.
* August 1-17: Abdulmutallab visits Houston, Texas.

2009年
* January: Abdulmutallab attends the University of Wollongong in Dubai.
* May 2009: Britain refuses to grant Abdulmutallab a student visa because the school on his application form was not a government-approved institution.
* August to early December: Abdulmutallab visits Yemen after receiving a visa to study Arabic in a school in Sana'a, according to the Yemeni Foreign Ministry.
* Nov. 19: Abdulmutallab's father goes to the U.S. embassy in Abuja, Nigeria, to express concern his son was in Yemen and had fallen under the influence of extremists.
* Nov. 20: The U.S. embassy sends a so-called "VISAS VIPER" cable with the information that Abdulmutallab's father had provided. The cable is sent to all U.S. diplomatic missions and the State Department in Washington, where it was also shared with the interagency National Counterterrorism Center for review.
* Nov. 20, 2009, Abdulmutallab's name is entered into the National Counterterrorism Center's Terrorist Identities Datamart Environment (TIDE) database based on information provided by his father.
* Dec. 16: Abdulmutallab's round-trip plane ticket is purchased in Accra, Ghana, for $2,831 in cash, presumably by Abdulmutallab himself, according to Nigerian officials.
* Dec. 24: Abdulmutallab re-enters Nigeria for only one day to board a flight from Lagos to Detroit, via Amsterdam.
* Dec. 25: Abdulmutallab allegedly tries to bring down Northwest Airlines Flight 253 as it approaches Detroit. The plane lands safely and he is taken to the University of Michigan Medical Center in Ann Arbor, Mich., for treatment of burns.
* Dec. 27: Abdulmutallab is transferred to a federal prison in Michigan.

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。