2010年01月14日

同性愛の結婚を許可すると、州の収入はUS$数100万増える!

AFPは、カリフォルニア州の同性愛者の結婚禁止令裁判が4日目に入ったとき、サンフランシスコ経済分析課が指示する首席エコノミスト(San Francisco's Office of Economic Analysis)であるエドモンド・イーガン(Edmund Egan)が、同性間結婚を合法化すると、サンフランシスコで収入はUS$数100万増えると言ったことを報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

エドモンド・イーガンは、合衆国での同じセックス結婚の運命について決めることができた画期的な連邦裁判所での審理のときに証言して、同性間結婚の合法化が不動産価格が上げられ、学区収入が上げられ、給料支払名簿、および消費税の取入口を増加させて、無保険者の数をなでぎりすると言った。

さらに、既婚者が独身者より多くの富を集めるので、経済のセクターに拍車をかけて、彼らはさらに費や素ことにもなるといっている。

今や、何が経済効果を生むかと言うことにまで、同性愛の結婚が言及されるようになり、それには宗教も困ることだろう。

同性愛の結婚はブームになるとまで言い出している。
そして、裁判で誰が同性愛の結婚に反対するかと言うことで注目が集まっている。

もう、脅迫的になり始めた。

米国は、国民が裁判官を合法的に脅迫できる不思議な国である。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。