2010年01月14日

「終末時計」1分戻される、人類滅亡まであと6分!

AFPは、米国の雑誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ(Bulletin of the Atomic Scientists)」が管理する、人類滅亡までの時を刻む「終末時計(Doomsday Clock)」針が2010年01月14日に1分戻され、「滅亡時刻」を表す午前0時まで残り6分となったと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この1分戻された理由として、バラク・オバマ(Barack Obama)米国大統領の取り組みにより、核と温暖化問題への対策が進展したことを受けて行われた。

この「終末時計」は1947年に設置され、時計の状態変更はノーベル賞受賞者19人を含む科学者たちによる委員会が協議のうえ決定した。

委員会は声明で、「1945年に(日本に)原爆が投下されて以来初めて、核兵器を所有する主要国は大幅な兵器削減と核兵器原料の生産禁止に向けて協力しあうことになった。先進国と発展途上国の双方が地球温暖化の原因と見られる温室効果ガス排出量を規制することを誓った。時代をこうした地球規模の新たな協力体制へと導く上で大きな貢献したのはオバマ大統領だ。」と述べ、オバマ大統領を称賛した。

前回は、ブッシュ政権時代の核問題をめぐる状況の悪化などにより、2007年01月17日に針を2分進められ、残り5分となっていた。

これは、ブッシュ大統領の失政をオバマ大統領が半分回復させたことにもなる。

世界終末時計の歴史(History of the Doomsday Clock)
1947年から世界終末時計は17回手で調整され、最初から7分間移動された。(The clock's minute hand has been moved 17 times in response to international events since its initial start at seven minutes to midnight in 1947)

# 1949 - The Soviet Union tests its first atomic bomb. Clock changed to three minutes to midnight - four minutes closer to midnight.(ソ連が核実験に成功したことにより、3分前分前に変更)

# 1953 - The United States and the Soviet Union test thermonuclear devices within nine months of one another. Clock changed to two minutes to midnight - one minute closer, its closest approach to midnight to date.(アメリカとソ連が水爆実験に成功したことにより、2分前分前に変更)

# 1960 - In response to a perception of increased scientific cooperation and public understanding of the dangers of nuclear weapons, clock is changed to seven minutes to midnight - five minutes further from midnight.(7分前に変更)

# 1963 - The United States and Soviet Union sign the Partial Test Ban Treaty, limiting atmospheric nuclear testing. Clock changed to twelve minutes to midnight - another five minutes further.(米ソが部分的核実験禁止条約を締結したことにより、12分前に変更)

# 1968 - France and China acquire and test nuclear weapons - 1960 and 1964 respectively - wars rage on in the Middle East, Indian subcontinent, and Vietnam. Clock changed to seven minutes to midnight - five minutes closer to midnight.(フランスと中国が核実験に成功し、中東、インドシナ、アフリカで戦禍が拡大したことにより、7分前に変更)

# 1969 - The U.S. Senate ratifies the Nuclear Non-Proliferation Treaty. Clock changed to ten minutes to midnight - three minutes further from midnight.(米国の上院が核拡散防止条約を批准したことにより、10分前に変更)

# 1972 - The United States and the Soviet Union sign the SALT I - Strategic Arms Limitation Treaty) and the Anti-Ballistic Missile Treaty. Clock changed to twelve minutes to midnight - two minutes further.(米ソがSALT IとABM条約を締結したことにより、12分前に変更)

# 1974 - India tests a nuclear device - Smiling Buddha - SALT II talks stall. Clock changed to nine minutes to midnight - three minutes closer to midnight.(SALT Iに続く米ソの軍縮交渉は難航し、インドが最初の「平和的核爆発」に成功したことにより、9分前分前に変更)

# 1980 - Further deadlock in US-USSR talks, increase in nationalist wars and terrorist actions. Clock changed to seven minutes to midnight - two minutes closer.(米ソ間の交渉は停滞、国家主義的な地域紛争とテロリストの脅威が増大し、南北問題が議論されるようになり、7分前分前に変更)

# 1981 - Arms race escalates, conflicts in Afghanistan, South Africa, and Poland. Clock changed to four minutes to midnight - three minutes closer.(軍拡競争の時代へ、アフガニスタン、ポーランド、南アフリカにおける人権抑圧が問題になり、4分前に変更)

# 1984 - Further escalation of the arms race under the U.S. policies of Ronald Reagan. Clock changed to three minutes to midnight - one more minute closer.(米ソ間の軍拡競争が激化したことにより、3分前分前に変更)

# 1988 - The U.S. and the Soviet Union sign treaty to eliminate intermediate-range nuclear forces, relations improve. Clock changed to six minutes to midnight - three minutes further from midnight.(米ソが中距離核戦力全廃条約を締結したことにより、6分前分前に変更)

# 1990 - Fall of the Berlin Wall, success of anti-communist movements in Eastern Europe, Cold War nearing an end. Clock changed to ten minutes to midnight - four minutes further.(東欧の民主化、冷戦の終結したことにより、10分前分前に変更)

# 1991 - United States and Soviet Union sign the Strategic Arms Reduction Treaty. Clock changed to seventeen minutes to midnight - seven minutes further, its greatest distance from midnight so far.(17分前に変更)

# 1995 - Global military spending continues at Cold War levels; concerns about post-Soviet nuclear proliferation of weapons and brainpower. Clock changed to fourteen minutes to midnight - three minutes closer to midnight.(14分前に変更)

# 1998 - Both India and Pakistan test nuclear weapons in a tit-for-tat show of aggression; the United States and Russia run into difficulties in further reducing stockpiles. Clock changed to nine minutes to midnight - five minutes closer.(インドとパキスタンが相次いで核兵器の保有を宣言したことにより、9分前分前に変更)

# 2002 - Little progress on global nuclear disarmament; United States rejects a series of arms control treaties and announces its intentions to withdraw from the Anti-Ballistic Missile Treaty; terrorists seek to acquire nuclear weapons. Clock changed to seven minutes to midnight - two minutes closer.(米国がABM条約からの脱退を宣言、テロリストによる大量破壊兵器使用の懸念が高まったことにより、7分前分前に変更)

# 2007 - The world stands at the brink of a second nuclear age. The United States and Russia remain ready to stage a nuclear attack within minutes, North Korea conducts a nuclear test, and many in the international community worry that Iran plans to acquire the Bomb. Climate change also presents a dire challenge to humanity. Damage to ecosystems is already taking place; flooding, destructive storms, increased drought, and polar ice melt are causing loss of life and property.

2010 - International cooperation rules the day. Talks between Washington and Moscow for a follow-on agreement to the Strategic Arms Reduction Treaty are nearly complete, and more negotiations for further reductions in the U.S. and Russian nuclear arsenal are already planned. Additionally, Barack Obama becomes the first U.S. president to publicly call for a nuclear-weapon-free world. The dangers posed by climate change are still great, but there are pockets of progress. Most notably: At Copenhagen, the developing and industrialized countries agree to take responsibility for carbon emissions and to limit global temperature rise to 2 degrees Celsius.

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。