2010年01月14日

米国の上昇レートは、経済ではなく、肥満だけ!

米国のアリゾナ・レパブリック(Arizona Republic)は、米国の経済成長は失速したが、肥満率は改良のサインなしで、最新の数字は、大人達の/3分の2以上と子供のおよそ3分の1が太りすぎであることをまだ示していると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

水曜日に発行された2007年〜2008年の政府資料によれば、約5年間以前のサインを反映して、肥満率は着実に上昇した後に、失速しないで安定成長を始めたと報告している。

疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)で肥満の専門家(obesity expert )ウィリアム・ディーツ博士(Dr. William Dietz)は、結果が有望であると用心深く言った。

CDCデータはオンラインJAMA(アメリカ医学学会誌(Journal of the American Medical Association)で、2つのレポートに含んで発表された。

もう、米国には止めどなくデブがいる!
そして街に出れば、止めどなくデブになる要素がある。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。