gaYa広告

2010年01月13日

ほとんどの人が、オンライン新聞にお金を払わない。

CNET Newsは、新しいハリス(Harris poll)の世論調査が行った「あなたは、オンラインであなたの好きな新聞を読むのを支払うでしょうか? 」という質問をした結果を報告し、大部分は、「いいえ」と言ったと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

オールド・メディアの印刷版新聞は、利益を得るために戦って、多くが浮上する手段としてWebに変わった。

或るものが無料でオンライン・コンテンツを提供し、他の新聞は、読者に月額料金を請求することによって、購読をいじくり回している。

しかし、水曜日にリリースされたハリス世論調査は、その戦略が裏目に出るかもしれないと言っている。

オンラインで大人達2,000以上を調査した中で、77%は、Webに関する新聞のストーリーを読むことで支払わないと言った。

そして、19%は月間US$1〜10支払っても構わないと言い、 5%だけが、毎月US$10支払っても構わないと答えた。
また、投票は多くの新聞が既に経験したことを明らかにした。
つまり、オールド・メディアのニュースの購読者層は着実に低下すると予測した。

調査された人々の43%は、毎日、印刷またはオンラインで新聞を読むと言った。

約72%は1週間に1度読むが、81%は1カ月に1度だけ読むと答えた。
そして、10%は、新聞を決して読まないと言った。

日刊新聞の衰退は、1つの時代要素になったことが明らかになった。

つまり、それほど新聞に関心がないと答えることが、若いという評価になってきていると報告している。

非常に厳しい結果だが、これが現実なのだろう。

先日も、面白い情報にはアクセス数が多いにもかかわらず、理屈っぽい情報にはアクセス数が少ないという経験をした。

paidContent:UK/Harris Interactiveは2009年09月23日に、消費者がオンライン新聞に課金するのにどれくらい抵抗力があるかを示すことを目的にした調査レポートを紹介した。
そのときは高評価で、お金を支払うと言っていたが、現実的ではなかったと言うことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。