on-the-time.jp

2010年01月13日

人道的支援電気通信組織TSFが、ハイチに救援隊を送った!

Cellular-Newsは、2003年に創設された戦争や天災などの被害地で通信環境を確保するための人道的支援電気通信組織TSF(Télécoms Sans Frontières)が、マグニチュード7.0の地震に襲われたハイチに、救援隊を贈ったと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ハイチの大使は米国で、地震が「主要部分の悲劇」であるとCNNに言った。

犠牲者を支援する国際緊急援助を上告している。

ポルトープランス(Port-au-Prince)は、厳しく影響を受け、電気、水、および電話などの修理をする援助を求めている。

コミュニケーションは電話線が倒すと共に、現在ほとんど不可能であるように見える。
国連ビルを含む多数のビルが、ひどく破損したと報告されている。

この人道的被害に直面してTSFは、重大なサポートを非常時の電気通信に提供するために米国のマナグア基地(American base in Managua)に緊急チームを配備した。

彼らは衛星モバイルと、固定テレコミュニケーション・ツールを運び込む。
また、TSFの国際本部からの支援を要請している。

国連のOCHA(Coordination of Humanitarian Affairs/人道問題調整事務所)とECHO(European Commission's Humanitarian Aid Department/欧州委員会人道支援組織)とも密に連絡を取り合い、今彼らは、できるだけ早くポルトープランスに再び加わるようにサンと・ドミンゴ(Saint-Domingue)に飛んでいった。

残骸と他の障害のため、現在のところ、道路にも非常に限られたアクセスがあるだけで、なにしろ、空港にも連絡が付かない。

その地域だけで1km四方で429人が住んでいるちう、非常に人口密集地で、そこだけで2200万人が、ターゲットになった地域には540万人が住んでいる。

まだ、総死者数なども明らかにされていない。

こんな時もGoogleのYouTubeはのんきな広告を配信している。
これでは、Googleが嫌われることだろう。
すぐに、Googleは地震関連のビデオで金儲けを中止すべきであり、これではGoogleが人の不孝で金儲けする企業というイメージは拡大するだけである。

ポルトープランス(Port-au-Prince)のGoogle Earthポインター情報
18°32'21.37"N,72°20'11.07"W
または、
18.539269, -72.336408

震源地のGoogle Earthポインター情報
18°27'25.20"N,72°31'58.80"W
または、
18.457°N, 72.533°W
または、
18.457000, -72.533000

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。