gaYa広告

2010年01月13日

GoogleのNexus One爆弾は、不発だった!

Cellular-Newsは2010年01月13日に、The Business Insiderからの情報として2010年01月12日にモバイル分析会社Flurryからの最新の報告を紹介し、Googleのsuperphoneと言われた「Nexus One」が「The Nexus One Bombs(Nexus One爆弾)」として投下されてから最初の1週間でたった2万台しか売れなかったと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

あれだけ大騒ぎして、突風は吹かなかった。
それは、売れ行きが悪いと言われた「Droid」が25万台売ったのに対し、Nexus Oneの12倍多く売ったという結果になった。
それはまた、売れ行きが悪かったと書かれた「iPhone 3GS」は最初の1週間で160万台売ったことから、Nexus Oneの80倍多く売ったという結果になった。

Flurryによるとこの評価は、アプリケーション開発者の数から言って正しい評価だったと言っている。
Flurryは、新しい携帯電話でAndroidとiPhoneのアプリケーション追跡は、どれだけ行われているかを予測することで注目していった。
お互いが80%であったと報告している。

つまり、AndroidとiPhoneの新規購入者が追跡したアプリケーションでの評価結果にもなった。

Cellular-Newsは、Googleのこの結果は悪すぎると判断した。
携帯電話の前に、あれだけ準備され、る多くの誇大広告があった。
それは広告をホームページに置き、そしてWeb全体にわたって広告をスプレーした。
すべての誇大広告を考えて、これらの販売番号は哀れ過ぎると言っている。

馬鹿げた空騒ぎの舞踏会に、誰も顧客が見向きしなかった。
そろそろ米国中で、Googleのシュミット(Eric Schmidt)嫌いが蔓延し始めたのかもしれない。

つまり、ジョブスの謙虚さと、シュミットの図々しさの評価とも言える。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告