gaYa広告

2010年01月13日

The Mac Observerで有名なブロガーが、ポルノ・スターにインタビュー。

The Mac Observerは、The Mac Observerでよく知られている有名なブロガーでジャーナリストのテッド・ランダウ(Ted Landau)が、ラスベガスで開催されたCES(コンスーマー・エレクトロニクス・ショー/Consumer Electronics Show)を見に行ったとき、数ブロック離れたところで、 成人向けの娯楽エキスポAEE(Adult Entertainment Expo)を開催していたので、計画にはなかったが、成人映画のファンの一人として衝動的にポルノ・スターにインタビューをしてみたくなったと報告している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

そこにAEEの出品者の一つ、Digital Playgroundから連絡があり、テッド・ランダウにタレントへのインタビューをさせたいと言ってきたと報告している。

早速、テッド・ランダウはAEEの会場に行くと答え、テッド・ランダウはジャーナリスティックの利益のため成人映画よりコンピュータに向かって走ったと彼らに言ったが、彼らは気にしないで、今度のiPhoneに関する
ニュースを含んで、「コンピュータおたく」の視点でインタビューするように依頼されたと言っている。

テッド・ランダウは「Deep Throat」をみた1972年から、ポルノ映画を一度も見たことがなかったと言っている。
少し恥ずかしかったが、おもしろいかもしれないと言うことで同意し、インタビューすることになったと報告している。

テッド・ランダウは、ポルノ・ビジネスにまったくの無知というハンディキャップを克服し、インタビューに挑戦している。

そのインタビュー風景は、YouTubeでも公開されている。

最初にインタビューしたのは、Digital Playgroundのアリ・ジョーン(Ali Joone)で、次がDigital Playgroundの最もよく知られている契約スターのジェシー・ジェーン(Jesse Jane)だった。

ジェシー・ジェーンはすでにiPhoneに承諾を得て、公開されることになっている。

次が、ラーベン・アレックス(Raven Alexis)、そのまま訳すと、ワタリガラスのアレックサスと呼ばれる最も新しい契約「ポルノスター」であったと言っている。

ラーベン・アレックスは2つの個人Webサイトがあり、そのことについて話したと言っている。

また、インタビューでは、なぜこの業界に入ったのかなど、まったく不似合いなインタビューも登場している。

インタビューが終わって、AEEで簡潔にエキスポのおよそ残りを歩き回ったと言っている。

そこでは、Lars and the Real Girlとanimatronic sex robotを見たが、セックス・ロボットはまったく生き生きしていなかったと言っている。
例のダッチワイフ・ロボットは、テッド・ランダウにはくだらなくしか写らなかったようだ。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告