on-the-time.jp

2010年01月13日

The Mac Observerで有名なブロガーが、ポルノ・スターにインタビュー。

The Mac Observerは、The Mac Observerでよく知られている有名なブロガーでジャーナリストのテッド・ランダウ(Ted Landau)が、ラスベガスで開催されたCES(コンスーマー・エレクトロニクス・ショー/Consumer Electronics Show)を見に行ったとき、数ブロック離れたところで、 成人向けの娯楽エキスポAEE(Adult Entertainment Expo)を開催していたので、計画にはなかったが、成人映画のファンの一人として衝動的にポルノ・スターにインタビューをしてみたくなったと報告している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

そこにAEEの出品者の一つ、Digital Playgroundから連絡があり、テッド・ランダウにタレントへのインタビューをさせたいと言ってきたと報告している。

早速、テッド・ランダウはAEEの会場に行くと答え、テッド・ランダウはジャーナリスティックの利益のため成人映画よりコンピュータに向かって走ったと彼らに言ったが、彼らは気にしないで、今度のiPhoneに関する
ニュースを含んで、「コンピュータおたく」の視点でインタビューするように依頼されたと言っている。

テッド・ランダウは「Deep Throat」をみた1972年から、ポルノ映画を一度も見たことがなかったと言っている。
少し恥ずかしかったが、おもしろいかもしれないと言うことで同意し、インタビューすることになったと報告している。

テッド・ランダウは、ポルノ・ビジネスにまったくの無知というハンディキャップを克服し、インタビューに挑戦している。

そのインタビュー風景は、YouTubeでも公開されている。

最初にインタビューしたのは、Digital Playgroundのアリ・ジョーン(Ali Joone)で、次がDigital Playgroundの最もよく知られている契約スターのジェシー・ジェーン(Jesse Jane)だった。

ジェシー・ジェーンはすでにiPhoneに承諾を得て、公開されることになっている。

次が、ラーベン・アレックス(Raven Alexis)、そのまま訳すと、ワタリガラスのアレックサスと呼ばれる最も新しい契約「ポルノスター」であったと言っている。

ラーベン・アレックスは2つの個人Webサイトがあり、そのことについて話したと言っている。

また、インタビューでは、なぜこの業界に入ったのかなど、まったく不似合いなインタビューも登場している。

インタビューが終わって、AEEで簡潔にエキスポのおよそ残りを歩き回ったと言っている。

そこでは、Lars and the Real Girlとanimatronic sex robotを見たが、セックス・ロボットはまったく生き生きしていなかったと言っている。
例のダッチワイフ・ロボットは、テッド・ランダウにはくだらなくしか写らなかったようだ。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告