on-the-time.jp

2007年01月13日

アートかポルノか?

NEWSgristが、Nancy Bakerが書いた「Notes on the Current Currin Pornocopia」を紹介してきた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

彼女はGagosianで開催されたJohn Currinの最新の展覧会を見に行き、Jerry Saltzのレビューを見たときの感想を述べていますが、John Currinの北ルネッサンス・アカデミズムを習得した凄いテクニックでポルノを写実的に描き、衝撃はあったが憎しみさえ覚え、同時にそれが最も独特の経験で、私は操られると感じた。それは美しいポルノです。と書いている。

たしかに、ここまで習得した絵画技術で、現代のポルノを写実的に描かれた場合、その作品を見た人は、どのように感じるのか判らない。

単にスケベな考えだけでは無いようにも感じ、同時にポルノを見たときと同じ感情もわき起こってくるかもしれない。

アート?ポルノ?とは誰が定義したのか。
これは一種の現代版宗教絵画かもしれない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。