2008年01月13日

イギリス人の中東担当ジャーナリスト、イスラエルを訪問!

The Jerusalem Postは、イギリスの親イスラエルのロビー活動家が2008年1月13日に主要メディアの先任ジャーナリスト代表団をつれてイスラエルを訪問すると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この団体はBICOM(Britain Israel Communications and Research Centre)が組織化し、新聞社のTimes、Independent 、Sunと、放送局のBBC、Sky Newsからの先任ジャーナリスト14人になると報告している。

彼らは、長年に渡って中東について記事を書き続けているが、初めてイスラエルを訪問することになる。

また彼らは、それぞれの組織の編集方針を決定する際にかなりの役割を演じてきている。

グループは、政治家、ジャーナリスト、およびアナリストと話し合い。イスラエル中を旅することになる。

代理人のHaim Ramonと、先任の方針アドバイザーは、パレスチナとの交渉にも係わっていて、パレスチナとも話し合いをする計画も含まれていると報告している。

またBICOMは、ガザでロケットによって死亡したり、混乱させた家族と、迫撃砲攻撃の情報を現地で見るために、イスラエル南部で、ガザ地区に隣接しているSderot地区にジャーナリストを連れて行くことになると報告している。

また、訪問者はラマラでパレスチナ人経済を復活させようとしているパレスチナ人ビジネスマンにも会うことになっているとも報告している。

SderotのGoogle Earthポインター情報
31°31'9.18"N,34°35'49.02"E
または、
31.519217, 34.596950

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。