2008年01月13日

IBAチーフ、政治的影響力を縮小。

Jerusalem Postは、イスラエルでIBA(Israel Broadcasting Authority)へ要求された改革が実際に実行された場合、最も重要な変化は、IBAの政治的影響力を縮小させることであると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この要求はイスラエルの議会クネセト(Knesset)で先週朗読され、議会を通過した。
最近までは改革についての議論は、ほとんどが給料問題で、IBAの重い費用を下げるためにIBAの芽である赤字とスタッフで大幅な削減の必要性に焦点を合わせてきた。

しかし、IBAの新しい要求はそれほど重要でないというわけではないが、政治的干渉でしょう、約60年間イスラエルで公共放送を苦しめている要素になっていることに焦点が移った。

政治家が公共放送の内容へのとても多くの影響を振るうことができた理由の一部は、マネージャ、エディタ、およびレポーターが、「あなたは私の背中を引っ掻いて、私はあなたを引っ掻くつもりである(you scratch my back, I'll scratch yours)」という彼らの関係であった。

この状況を終わらせることを切望しているIBAのモシェ・ガビッシュ(Moshe Gavish)議長は、IBA改革法のプレゼンテーションで、どんな法律もスタッフの協力なしで政治的影響力を縮小することができないと、IBAスタッフにレターで説明した。

そして、レポーターと部長が政党への関心、または、どんな政治家の動産利権にも従わないないように頼まれた。

さらにレポーターは、個人的にかかわった問題で政治家にインタビューしないように警告された。

モシェ・ガビッシュ議長は、特定の事例を引用しなかったが、そのような利害対立がIBAへのかなりの損害をもたらしたと強調した。

彼らがどんな仕事関連の問題でも正統な苦情を持っていると信じていた従業員は、自己の言い分を述べるため、自由にどんなIBA団体にも来ることができるとモシェ・ガビッシュ議長は書いている。

完全に、ひも付きジャーナリストが、公共放送のマネージャ、エディタ、およびレポーターの中に寄生していたと言うことになる。

困ったものだ!

そう言えば、日本でも、政治家の番記者の中にもそんな寄生ジャーナリストが居ることは、良く聞いている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告