1月25日

初天神

毎年1月25日に天満宮で行なわれる年の初めの祭りに出かけ話しが、古典落語の演目にもなっているが、御祭神菅原道真公の誕生日6月25日、薨去の2月25日に因み、毎月25日に開催される天満宮の縁日の中でも特に1月25日は、初天神と呼ばれ新春の参拝者で賑わう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

また、「初天神」は、久留米市や京都の北野天満宮が知られ、新春一番の天神さんの日として、露店が所狭しと立ち並び、 全国からの多くの参拝者で終日賑わう。

一方、国公立や私立の大学・高校・中学校等の入学試験を直前に控え、真剣な受験生、父母等の参拝も多く、合格祈祷を受けたり、絵馬に願い事を託す真摯な姿に学神である天満宮への篤い信仰を如実にみることができる。

久留米市の北野天満宮のGoogle Earthポインター情報
33°20'37.02"N,130°35'4.61"E
または、
33.343617, 130.584614

京都の北野天満宮のGoogle Earthポインター情報
35° 1'52.75"N,135°44'6.44"E
または、
35.031319, 135.735122

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。