2009年11月03日

Yahooチームとリアルタイム検索「OneRiot」

ロイターは、身近な情報筋からの情報として、Yahooはライバルと比較して超最新のインターネット検索結果を提供する検索パートナーとの運転試験を実施していると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

検索が変わろうとしている。

Googleのようなデータベース方式では対応できない超最新検索結果を表示できるようになる。
これもリアルタイムで変化するTwitterのデータ検索が求められ始めていることが大きな要因だろう。

Yahoo社中で、トライアルベースのリアルタイム結果をYahooに提供するのは「OneRiot」で、初めはYahooのユーザーの約10%にデータが利用可能になると、その件に詳しい人は言った。
ただし、名前は伏せることを条件に、この取引について話すことが認可された。

その件になじみ深いセカンドソースは、またYahooが、他の会社でのリアルタイム検索テストも行っていたと言ったが、「OneRiot」の代表は、その件を批評できないと言った。

リアルタイム検索は、主にインターネットで人気のTwitterサービスのmicrobloggingから情報を見つける人気がある方法として現れ、多くで生き残りをかけた実験を行っている。

ただし、Googleがそうだったように、生き残るのは多分1つだろう。
それはまた、Googleの検索方法が古くなり始めたと言うことかもしれない。

このスピード違反的なリアルタイム検索は、どこが残るのか?
また検索結果として、どの情報が消えるのか?
Googleは次世代にどう対応するのか?

また、これまでにも話題になった新技術の99%は消えていった。
そんなに急いで、どこへ向かおうとしているのか?
情報が多すぎることから、それを精査しようとするのも判るが、知りたい情報が検索できない状況になり始めている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。