on-the-time.jp

11月15日

家族の日

多くの人に子育てを共に喜び支えあう家族の素晴らしさ、家族を支える地域の力を再認識してもらおうと、2007年から新たに設けられた11月の第3日曜日の記念日。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

同時に「家族の週間」もできた。
子育てを支える家族・地域のきずなの重要性について集中的に訴えかけている。
日本は2005年に、はじめて出生数が死亡数を下回り、人口減少社会が到来した。
少子化の進行等に伴う人口減少は、経済産業や社会保障の問題にとど まらず、国や社会の存立基盤にも関わる大きな問題といえる。
そこで国として、少子化を食い止めるために様々な対策を総合的に推進することになった。
これまで推進してきた安心して子どもを生み育てる環境の整備、政府において憲章や行動指針の策定に向け検討中のワーク・ライフ・バランスの推進はもちろん必要だがが、同時に、家族や地域のきずなが弱まっていると言われる今こそ、自然に子育ての楽しさや大切さが受け継がれ、子育てを共に喜び支えあう家族の素晴らしさ、家族を支える地域の力を社会全体の意識の中で共有することが大切で、このため、長期的視野に立った意識改革の運動として「家族・地域のきずなを再生する国民運動」を実施することになった。

「家族の日」「家族の週間」の期間中は、ふだんは仕事で忙しく帰宅時間が遅いという人も、できるだけ早く帰宅し、家族と触れ合う時間をもちながら、子育てについて、家族について、もう一度振り返って考える機会を提唱している。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。