gaYa広告

11月15日

家族の日

多くの人に子育てを共に喜び支えあう家族の素晴らしさ、家族を支える地域の力を再認識してもらおうと、2007年から新たに設けられた11月の第3日曜日の記念日。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

同時に「家族の週間」もできた。
子育てを支える家族・地域のきずなの重要性について集中的に訴えかけている。
日本は2005年に、はじめて出生数が死亡数を下回り、人口減少社会が到来した。
少子化の進行等に伴う人口減少は、経済産業や社会保障の問題にとど まらず、国や社会の存立基盤にも関わる大きな問題といえる。
そこで国として、少子化を食い止めるために様々な対策を総合的に推進することになった。
これまで推進してきた安心して子どもを生み育てる環境の整備、政府において憲章や行動指針の策定に向け検討中のワーク・ライフ・バランスの推進はもちろん必要だがが、同時に、家族や地域のきずなが弱まっていると言われる今こそ、自然に子育ての楽しさや大切さが受け継がれ、子育てを共に喜び支えあう家族の素晴らしさ、家族を支える地域の力を社会全体の意識の中で共有することが大切で、このため、長期的視野に立った意識改革の運動として「家族・地域のきずなを再生する国民運動」を実施することになった。

「家族の日」「家族の週間」の期間中は、ふだんは仕事で忙しく帰宅時間が遅いという人も、できるだけ早く帰宅し、家族と触れ合う時間をもちながら、子育てについて、家族について、もう一度振り返って考える機会を提唱している。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。