2009年10月13日

イギリスの若者は、Web無しで生きていることができなかった。

BBC Newsは、13〜23歳の若者を、オンラインチャリティー「YouthNet」が調査した結果「New report reveals young people's 'hybrid lives'」を発表し、75%がインターネットなしで「生きていることができなかった」と感じることが判ったと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

5人の内4人が、アドバイスを探すのにWebを使用したのが判った。

# 75% said that they couldn't live without the internet
# 45% said that they felt happiest when online
# 32% agreed with the statement: 'I can access all the information I need online, there is no need to speak to a real person about my problems'
# Four in five (82%) said they had used the internet to look for advice and information for themselves and 60% had for other people
# 37% said that they would use the internet to give advice to others on sensitive issues.

約1/3は、利用可能なリソースのためそれらの問題に関して面と向かってオンラインで人と話す必要性を全く感じなかったと言い足した。

この調査結果はイギリス議会で2009年10月14日水曜日に発表された。

フィッシング詐欺メールの最近の事件など、インターネット機密保護違反の注目を浴びる例にもかかわらず、「あなたが、何をしているかを知っている限り、」インターネットであると思われた調査されたグループの76%は安全な場所であった。

大人が心配するより、子供は考えて行動を取っていた。
大人の方が、危険地帯に入りやすい。

インターネットの安全使用を奨励するチャリティーNominet Trustによって、この調査資金は提供された。
このレポートを中心に行ったランカスター大学(Lancaster University)のマイケル・ヒューム教授(Professor Michael Hulme)は、この年齢層を「デジタル・ネイティブ(digital natives)」と命名した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。