on-the-time.jp

2009年10月13日

アル・ジャジーラ、世界の通信員英語版ブログを開始!

イギリスのジャーナリスト組合Journalism.co.ukは、アル・ジャジーラの英語版が、世界中にいる通信員が配信する新しいブログサイトを開始したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

オンラインメディアのAJE代表モハメッド・ナナバーイ(Mohamed Nanabhay)がJournalism.co.ukに、「アルジャジーラ・ブログ(The Al Jazeera Blogs)は私たちのニュースの背景と、そして、世界の通信員の大規模なネットワークにあなたをお連れすると書かれています。」と言った。

モハメッド・ナナバーイがアルジャジーラの英語版Webサイトを引き継いで、合理的に、興奮して始めた最初の仕事であるとブログで報告した。

アルジャジーラ・クリエイティブ委員会のサポートを踏まえて、ネットワークに対する仕事はクリエイティブ委員会のライセンスの1つとして認可された。

モハメッド・ナナバーイは、トムソンロイターのOpenCalaisシステムを使用することですべてのポストが意味としてタグ付けされている。

そして、「もちろん、ポストがは多くのソーシャル・ウェブを善良して配備し、ユーザーはFacebookを使用するか、TwitterまたはOpenIDにコメントを残すことができると言っている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告