2009年10月13日

全世界インターネット・トラフィックの6%がGoogleだった。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、5年前は「AT&T」「Verizon」「Level 3 Communications」「Global Crossing」のようなプロバイダによって全世界インターネット・トラフィックは管理されていた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それらが何千もの層のネットワークとローカル・プロバイダを接続していた。

それが現在大きく変化した。
何万ものネットワークの中で分配されるトラフィックの代わりに、150のネットワークだけがすべてのオンライン・トラフィックの約50%を制御している。

これらの新しいインターネット超大国の中で、Googleが記載されているのは、驚きではない。
実際に、検索巨人のGoogleは世界中ですべてのインターネット・トラフィックで最大源となり、6%を占めていた。

このデータは、Arbor Networksがインターネット・トラフィックデータの256エクサ・バイトを2年間調査し、それが完成した最新データで判った。

この調査は、1990年代の半ばの商業インターネットの始まり以来、グローバルなトラフィックで最大の研究調査になった。

Arbor Networksのレポートから明確になった最大の傾向はインターネットの強化であった。

Arbor Networksの調査管理チーフ(Chief Research Officer(を担ったダニー・マックパーソン(Danny McPherson)は、これまで以上「より平坦で、」「さらに密に接続されている」ことを明らかにした。

Googleが最大トラフィック・ソースだけではなく、GoogleとFacebook、Microsoft、およびYouTubeサイトを含む30の大企業だけが、現在すべてのインターネット・トラフィックの不均衡な30%を占めると話している。

30の大企業で、全インターネット・トラフィックの30%であれば、1社平均1%になり、その大企業6社分である6%をGoogleが占めていたことになる。

それでいて、インターネット・トラフィックの環境への投資は、は「AT&T」「Verizon」「Level 3 Communications」「Global Crossing」などが行っている。

Verizon社の副社長で副代表弁護人のジョン・ソーン(John Thorne)が、「Verizonはネットワーク豚か?(Is Verizon a Network Hog?)」と指摘されたが、そのジョン・ソーン(John Thorne)は、1996年通信関連法の10周年記念日会議で、「Googleが食ってきた無料の昼飯の時間は終わった」と指摘し、Googleが大金をもうけているネットワークは電話会社がUS$何十億も費やして構築したネットワークを使っていると講演したことも理解できる。

もしかして、GoogleとFacebook、Microsoft、およびYouTubeが「インターネットの豚島に住む大蛇(Internet Hog Island Boa)」と指摘されることも可能な状況である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。