2009年10月13日

世界で毎年70,000人の女性が妊娠中絶で死んでいる。

AFP(Agence France-Presse)は、米国にある性的健康団体「Guttmacher Institute」の調査レポート「Abortion Worldwide: A Decade of Uneven Progress」を紹介し、この調査によれば、妊娠中絶(abortion)はグローバルに下がって、研究は、意に反して1年あたり7万人の女性が特に、発展途上国で危険な中絶で死んでいたと火曜日に言い、警告したと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

妊娠中絶は1995年の約4550万件から、2003年の4160万件と減少している。
しかし、あまりにも多くの女性がとくに発展途上国で危険な妊娠中絶を受けていたと書かれている。

1年あたり、女性に引き起こされた危険な中絶が、約70,000の死と500万人のような手順から起こる複雑な後遺症が毎年扱われたと予測した。
さらに別の300万人の女性は未処理のまま放置されたと主張している。

Guttmacher Instituteのシャロン・チャンプ(Sharon Camp)は、先進国では妊娠中絶がほとんどすべて安全で合法であると言った。

「しかし、開発途上地域の大部分に、妊娠中絶が高く制限されたままで残っていて、危険な妊娠中絶は、一般的であり、女性の健康を破損して、それらの生存を脅かし続けています。」と言った。

やっぱりそうだったか、妊娠中絶を禁止し、裏世界で闇に妊娠中絶をすることで、危険性がさらに数倍高くなっている。

妊娠中絶が32の国で完全に不法であると報告している。

また、妊娠中絶が不法であるため、ためらって、妊娠中絶が不可能になった状態でも中絶して、事故に遭うことも多いようである。

多くの写真を見つけたが、悲惨すぎて見るに堪えない。

宗教的に妊娠中絶を規制し、さらに不孝を招くという悪循環が起こっている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告