on-the-time.jp

2009年10月13日

世界で毎年70,000人の女性が妊娠中絶で死んでいる。

AFP(Agence France-Presse)は、米国にある性的健康団体「Guttmacher Institute」の調査レポート「Abortion Worldwide: A Decade of Uneven Progress」を紹介し、この調査によれば、妊娠中絶(abortion)はグローバルに下がって、研究は、意に反して1年あたり7万人の女性が特に、発展途上国で危険な中絶で死んでいたと火曜日に言い、警告したと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

妊娠中絶は1995年の約4550万件から、2003年の4160万件と減少している。
しかし、あまりにも多くの女性がとくに発展途上国で危険な妊娠中絶を受けていたと書かれている。

1年あたり、女性に引き起こされた危険な中絶が、約70,000の死と500万人のような手順から起こる複雑な後遺症が毎年扱われたと予測した。
さらに別の300万人の女性は未処理のまま放置されたと主張している。

Guttmacher Instituteのシャロン・チャンプ(Sharon Camp)は、先進国では妊娠中絶がほとんどすべて安全で合法であると言った。

「しかし、開発途上地域の大部分に、妊娠中絶が高く制限されたままで残っていて、危険な妊娠中絶は、一般的であり、女性の健康を破損して、それらの生存を脅かし続けています。」と言った。

やっぱりそうだったか、妊娠中絶を禁止し、裏世界で闇に妊娠中絶をすることで、危険性がさらに数倍高くなっている。

妊娠中絶が32の国で完全に不法であると報告している。

また、妊娠中絶が不法であるため、ためらって、妊娠中絶が不可能になった状態でも中絶して、事故に遭うことも多いようである。

多くの写真を見つけたが、悲惨すぎて見るに堪えない。

宗教的に妊娠中絶を規制し、さらに不孝を招くという悪循環が起こっている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。