on-the-time.jp

2009年10月13日

「sex slave(性的奴隷)」Webウェブサイトに関する事件を審理する最高裁判所。

CNNは、最高裁判所は2010年に「S&Mを操る人(S&M Svengali)」として知られている刑事有罪判決に関して、セックス商人の事件を調べる必要があり、影の多いサド・マゾヒズム(sadomasochism)の世界を調べることになると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

裁判官は、火曜日に「sex slave(性的奴隷)」として写真を撮られるのに同意した女性の性的虐待、物理的な切断、および心理学的な屈辱で、9年の刑という判決を下されたグレン・マーカス(Glenn Marcus)にかかわる事件で上告を受け入れるのに同意した。

米国連邦控訴裁判所(A federal appeals court)は、犯罪のいくつかが2000年のTrafficking Victims Protection条例の前に起こッたにも係わらず、マーカスを起訴するの使われたのは判決に疑問が多いと判断した。

ソニア・ソトマイヤー最高裁判所判事(Justice Sonia Sotomayor)は控訴裁判所の一員であったが、上告を受け入れるかどうかに関する高裁の考慮に参加しなかった。

マーカスは、「sex slave(性的奴隷)」として、異なったレベルの身体的な虐待にかけられた女性を撮影した写真を特徴としたWebサイトを運営していた。

事件では、単に「ジョディ(Jodi)」として登場する女性は、1998年に被告に会って、彼の商業活動に参加するのに同意した。

しかし問題ではジョディに対して、マーカスがはるか度を超した要求をしたということで、有罪が成立していた。

検察官は、彼が女性を操って、強制したと主張して有罪を要求した。

この事件は、1999年から2001年にさまざまなことで問題になった。

マーカスの弁護士は、関係に合意していると言い、そのジョディは楽しくさえあり、雇用契約にサインして、営利目的のWebサイトを通して紹介された。

Webサイトはメンバーがお金を支払い、広告も出していた。

女性は証言で、囚人のような気分で、その状況から逃げることができなかったと言っている。

ナイフで、彼女の頭は剃られ、彼女の腹にはマーカスによって「slave(奴隷)」と書かれた。
彼女は、定期的にホイップさて、彼女の腕はポストに縛り付けられ、さまざまな屈辱的な姿勢にされたと主張した。

その他にも複数の女性が奴隷ビジネスに係わったと証言している。

そういえば日本でも、サド・マゾ事件でスポンサーが死んでしまった事件も起こっているが、このような裁判に佐渡。まずに興味のない人が係わるのと、興味がある人が係わるのでは、判決も異なってくることだろう。

さらに戦場などで悲惨な経験をした人が、精神的に異常なセックスしかできなくなったという例も多いことだろう。

この他にも多くの事件が米国では起こっているようだ。

第2次世界大戦に日本軍による慰安婦問題も一連の問題だろう。

オランダでトップの女性政治家Annemarie Jorritsmaは2006年10月26日に、「リラックスを助けるために、軍と共にオランダ人の売春婦を海外に送って欲しい。」と要求した。
米国のように、兵隊のためにフィリピンなどから娼婦を「sex slave(性的奴隷)」として送り込むという非人道的な政略ではなく、自国の娼婦とともに兵士を戦場に送るのは、他国にまで迷惑を掛けることはなくなる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告