on-the-time.jp

2009年10月13日

iPhoneがケニア難民を助ける。

Moco Newsは、ここ数ヶ月に渡って、ダアーブ・キャンプ(Dadaab camps)で約200人のケニア難民がさまざまな再就職などで、オンライン・タスクを持っている外国の会社が支援してきている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、仕事の品質は時々、翻訳で一部苦しむことがある。

大企業のための繰り返し作業を完成するために何千人もの人々を募集して、仕事を監督しているサンフランシスコを拠点とするクラウドソーシング始動の会社CrowdFlowerの最高経営責任者であるルーカス・ビーワルド(Lukas Biewald)は、「彼らは英語を話しますが、スラングしか知りません。」と言う。

そこでCrowdFlowerは、新しいiPhoneでその問題を解決しようとしている。

米国のiPhoneユーザーがケニア人の仕事の精度を改良するのを助けるためにケニア難民と同じタスクを完成するように頼まれる。

ルーカス・ビーワルドはすべてが計画通り行くなら、ケニア人が倍増し、または彼らの賃金を3倍にすることさえ可能になるといっている。

「半分の仕事で同じレベルの品質を得ることができるなら、私たちはそれらに2倍支払うことができます。」と、彼は言っている。

Crowdflowerが仕事をいっぱいにするためにケニア難民を見つけるのに使用している非営利組織代理のSamasourceが、難民がキャンプでゆったり過ごしている学習コンピュータ操作能力で、現在少なくとも50セントを得ることができると言っている。

エチオピア、スーダンなどから非難してきた難民に、低価格のiPhoneで仕事をさせ、生活費を稼がせるという考えは、実に面白い。

日本のように金を払っても、ベトナムで起こったように途中で役人に搾取され、サッカー賭博に利用されたのでは、外務省は何をやっているのか判らなくなる。
軍国主義で、世界から反対されているミャンマーに金を配って支援する。
金を渡して世界から非難される。

もう、外務省が金を持って配る時代は終わった。
役人や有名人の売名偽善の時代も終わりにして欲しい。

労働賃金はポイント制で、その料金は、
* 5 points = 1 tomato, 1 large banana, a small bunch of greens
* 10 points = 1 SMS (text message); 2 oranges
* 50 points = 10 sweet potatoes, small bag of sugar
* 100 points = 1/2 a fish, portion of locally-made bread
* 500 points = 1 large sack of charcoal for cooking
* 1,000 points = 5 minutes of cell phone airtime

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告