2068年

100万分の3の確立で、小惑星「Apophis」が地球に激突する。

未来

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

009年10月8日に、プエルト・リコで開催されるthe American Astronomical Society's Division for Planetary Sciencesのミーティングで調査結果を提示することになっている。

チェスリーは、「Apophisは2004年に発見されて以来、大きな話題になっている天体のひとつです。」
「アップデートされた計算手法と新たに利用可能なデータは、Apophisが2036年4月13日に地球遭遇する確率が400万の1から4万5000の1に低下したのを示します。」
と言っている。

Apophisのアップデートされた軌道を可能にしたデータの大部分は、マノア(Manoa)にある天体学のためのハワイ大学天体研究所(University of Hawaii's Institute for Astronomy)のデーヴ・トーレン(Dave Tholen )と共同制作者が観測したデータから来たと報告している。

また、初めApophisには2029年に2.7%の機会地球に影響を与えると考えられていた。

しかし、小惑星が2029年4月13日金曜日の地球への記録設定は、地球の表面から1万8300マイルより近くにこないことが明らかになって、asteriodの追加観察は2029年の衝撃の可能性をすべて除外した。

Apophisの軌道は、より正確な調査結果の中に、2068年に100万分の3の確立で、小惑星が地球に大接近する可能性が残っている。
Apophisに関する詳しい情報が2068年の遭遇が確率を減少させると予想されている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。