2036年04月13日

小惑星「Apophis」が、地球に激突する可能性。

未来

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

2009年10月8日に、プエルト・リコで開催されるthe American Astronomical Society's Division for Planetary Sciencesのミーティングで調査結果を提示することになっている。

チェスリーは、「Apophisは2004年に発見されて以来、大きな話題になっている天体のひとつです。」
「アップデートされた計算手法と新たに利用可能なデータは、Apophisが2036年4月13日に地球遭遇する確率が4万5000の1から100万の4に低下したのを示します。」
と言っている。

Apophisのアップデートされた軌道を可能にしたデータの大部分は、マノア(Manoa)にある天体学のためのハワイ大学天体研究所(University of Hawaii's Institute for Astronomy)のデーヴ・トーレン(Dave Tholen )と共同制作者が観測したデータから来たと報告している。

また、初めApophisには2029年に2.7%の機会地球に影響を与えると考えられていた。

しかし、小惑星が2029年4月13日金曜日の地球への記録設定は、地球の表面から1万8300マイルより近くにこないことが明らかになって、asteriodの追加観察は2029年の衝撃の可能性をすべて除外した。

Apophisの軌道は、より正確な調査結果の中に、2068年に100万分の3の確立で、小惑星が地球に大接近する可能性が残っている。
Apophisに関する詳しい情報が2068年の遭遇が確率を減少させると予想されている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。