gaYa広告

2011年03月21日

アフガニスタン人の遺体で笑う米兵の写真で、米国陸軍謝罪!

BBC Newsは、米国陸軍は彼らが殺したとされていたアフガニスタン民間人の死体の上でにやりと笑う米国軍人の写真について謝罪したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ドイツの雑誌「Der Spiegel」によって発行された写真は、米国陸軍の捜査官によって捕らえられた多くにあると言われた。

軍隊声明は、写真が「いとわしい」と言ったが、軍法会議による証拠として既に使用されていた。

外国軍の手によって殺されたアフガニスタン民間人は、アフガニスタンで敏感にならざるを得ない問題であった。

これらの写真は、2010年にアフガニスタンで「凶暴な」米国陸軍部隊によって撮影されていた。

BBCのポール・ウッド(Paul Wood)はカブールで、そのような唯一の写真は、一方では、アフガニスタン政府と人々の間の緊張を悪化させると言っている。

発行された写真が、いつ撮られたかは、不明瞭であった。

2人の軍人が遺体の上にひざまずき、彼らは、遺体の髪をつかんで、頭を回すことによって、それぞれ死んでいる人の顔をカメラに持ち上げ、米兵のひとりはにやりと笑っていた。

米国陸軍は、これらの写真が「私たちにとって、人間と合衆国陸軍の規格と値とは逆に、いとわしい動作」について表現すると言った。

「これらの写真に描かれた動作は、調査中のままで残っていて、現在、有罪であると立証されるまで被告が誰であるかが潔白であると推定された、進行中の米国軍法会議の審議の対象になっている。」と言い足した。

米国陸軍は、兵士が断罪され、適宜責任を負わせられると言いる。

アフガニスタンに駐留している兵士は、もう人間ではなくなっている。
そのような兵士が、将来退役軍人として勲章をもらって、名誉国民になっていく!

Afghanistan: Fotoskandal um US-Soldaten und tote Zivilisten

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告