gaYa広告

2011年03月21日

アフガニスタン人の遺体で笑う米兵の写真で、米国陸軍謝罪!

BBC Newsは、米国陸軍は彼らが殺したとされていたアフガニスタン民間人の死体の上でにやりと笑う米国軍人の写真について謝罪したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ドイツの雑誌「Der Spiegel」によって発行された写真は、米国陸軍の捜査官によって捕らえられた多くにあると言われた。

軍隊声明は、写真が「いとわしい」と言ったが、軍法会議による証拠として既に使用されていた。

外国軍の手によって殺されたアフガニスタン民間人は、アフガニスタンで敏感にならざるを得ない問題であった。

これらの写真は、2010年にアフガニスタンで「凶暴な」米国陸軍部隊によって撮影されていた。

BBCのポール・ウッド(Paul Wood)はカブールで、そのような唯一の写真は、一方では、アフガニスタン政府と人々の間の緊張を悪化させると言っている。

発行された写真が、いつ撮られたかは、不明瞭であった。

2人の軍人が遺体の上にひざまずき、彼らは、遺体の髪をつかんで、頭を回すことによって、それぞれ死んでいる人の顔をカメラに持ち上げ、米兵のひとりはにやりと笑っていた。

米国陸軍は、これらの写真が「私たちにとって、人間と合衆国陸軍の規格と値とは逆に、いとわしい動作」について表現すると言った。

「これらの写真に描かれた動作は、調査中のままで残っていて、現在、有罪であると立証されるまで被告が誰であるかが潔白であると推定された、進行中の米国軍法会議の審議の対象になっている。」と言い足した。

米国陸軍は、兵士が断罪され、適宜責任を負わせられると言いる。

アフガニスタンに駐留している兵士は、もう人間ではなくなっている。
そのような兵士が、将来退役軍人として勲章をもらって、名誉国民になっていく!

Afghanistan: Fotoskandal um US-Soldaten und tote Zivilisten

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告