2011年03月21日

アフガニスタン人の遺体で笑う米兵の写真で、米国陸軍謝罪!

BBC Newsは、米国陸軍は彼らが殺したとされていたアフガニスタン民間人の死体の上でにやりと笑う米国軍人の写真について謝罪したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ドイツの雑誌「Der Spiegel」によって発行された写真は、米国陸軍の捜査官によって捕らえられた多くにあると言われた。

軍隊声明は、写真が「いとわしい」と言ったが、軍法会議による証拠として既に使用されていた。

外国軍の手によって殺されたアフガニスタン民間人は、アフガニスタンで敏感にならざるを得ない問題であった。

これらの写真は、2010年にアフガニスタンで「凶暴な」米国陸軍部隊によって撮影されていた。

BBCのポール・ウッド(Paul Wood)はカブールで、そのような唯一の写真は、一方では、アフガニスタン政府と人々の間の緊張を悪化させると言っている。

発行された写真が、いつ撮られたかは、不明瞭であった。

2人の軍人が遺体の上にひざまずき、彼らは、遺体の髪をつかんで、頭を回すことによって、それぞれ死んでいる人の顔をカメラに持ち上げ、米兵のひとりはにやりと笑っていた。

米国陸軍は、これらの写真が「私たちにとって、人間と合衆国陸軍の規格と値とは逆に、いとわしい動作」について表現すると言った。

「これらの写真に描かれた動作は、調査中のままで残っていて、現在、有罪であると立証されるまで被告が誰であるかが潔白であると推定された、進行中の米国軍法会議の審議の対象になっている。」と言い足した。

米国陸軍は、兵士が断罪され、適宜責任を負わせられると言いる。

アフガニスタンに駐留している兵士は、もう人間ではなくなっている。
そのような兵士が、将来退役軍人として勲章をもらって、名誉国民になっていく!

Afghanistan: Fotoskandal um US-Soldaten und tote Zivilisten

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。