gaYa広告

10月18日

Alaska Day

アラスカを$1400万で売却し、ロシアから1867年10月18日に米国に引き渡したことを記念した祭日。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ロシアが財政的困難に直面していたことから、ロシアの海軍(Russian Navy)でロシア・アメリカ社(Russian American Co.)のシトカ(Sitka Ninth Infantry)が、586,412 square miles (1,518,800 km²)のアラスカを1エーカー当たり1.9セントで購入することになり、米国にアラスカをUS$7,200,000で売却し、ロシアがアラスカを米国に引き渡した。

現在の価格に換算すると約$1億400万になる。
しかし、1900年12月7日には、ユーコン川流域で金が発見され、ゴールド・ラッシュが起こった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。