gaYa広告

10月23日

電信電話記念日

開陽丸の建造と回航のためオランダに行った榎本武揚がで電信機を購入して慶応4年(1868)に戻って来たが、電
信機は維新の混乱のため使われないままになり、榎本武揚が電信機を持ったまま函館五稜郭にたてこもっている間に、明治政府は電信の必要性を認識し、その導入に動き出して明治元年(1868年)11月に寺島宗則(1832-1893)がこの計画の推進を指示され、イギリスから技術者を招聘、まず横浜弁天灯明台役所から本河通り裁判所まで760mの間に電信線を設置し、明治2年8月9日、通信実験に成功した。そして明治2年9月19日(1869年10月23日)には同裁判所内に電信機役所を設置し、ここから東京税関まで32kmの電信線設置工事を開始したことを記念して、1950年5月に当時の電気通信省が制定した記念日。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

逓信省が郵便事業の創業にちなんで制定した、電信電話を含む逓信事業全体を包括する逓信記念日が4月20日にあった。
1949年6月に従前の逓信省が郵政省・電気通信省の2省に分離し、逓信記念日の4月20日は郵政記念日として郵政省に受け継がれた。
そこで電気通信省独自の記念日として、「電気通信記念日」が制定された。
電信電話の呼称が次第になじんできた1956年10月23日に「電信電話記念日」に改称された。

しかし、電報も使われなくなり、「電信電話」という呼称もすでに古くなった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告