10月14日

鉄道の日

明治5年9月12日(1872年10月14日)に、新橋駅(後の汐留貨物駅/現:廃止)と横浜駅(現:根岸線桜木町駅)とを結んだ日本初の鉄道が開業したことから、1921年10月14日に鉄道開業50周年を記念して東京駅の丸の内北口に鉄道博物館が開館したことを記念して、1922年から「鉄道記念日」として鉄道省により制定された記念日。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

1949年に日本国有鉄道の記念日となり、分割民営化後も引き続きJRグループの記念日としてJRグループ内で祝われていた。
しかし、1994年に運輸省(現・国土交通省)が「鉄道記念日」のままではJRグループ色が強いという提案で、私鉄などの各鉄軌道事業者も参加できる「鉄道の日」と改称した。

1995年に東京都千代田区の日比谷公園で第1回鉄道フェスティバルを開催するときにイメージマークを公募し、「線路と帽子をモチーフに、誰が見ても鉄道と分かるデザイン」ということで、「マーク」が採用されることになり、第5回鉄道フェスティバル開催時、「鉄道の日」ロゴマークにふさわしいネーミングを一般公募により募集し、「テッピー」という名前が誕生した。

名付け親である受賞者は、「鉄道の日ロゴマークの募集ということで鉄道の'テツ'と、日の'ピ'を合わせて'テッピー'と名づけて、小さい子どもからお年寄りにまで親しんでいただけたら」というのコメントしている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告